ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

■PTA表彰式・各種表彰(剣道・スキー・軟式野球・ラグビー・JRC・危険物・ふみくら)

PTA表彰式

平成22年度 青森県高等学校
PTA連合会長賞

澁谷 早希(34HR 大鰐中)
奈良岡 瑠美(34HR 弘前五中)
奈良 清也(35HR 弘前東中)
唐牛 凌(36HR 弘前三中)
佐々木 美樹(37HR 碇ヶ関中)

平成22年度 青森県私立高等学校
保護者会連合会会長賞

小野 秀斗(34HR 弘前二中)
00PTA関係
(前列:左から佐々木・奈良岡・澁谷、後列:左から小野・奈良・唐牛)

本校PTA会長、辻政信より表彰

P1050032.jpg P1050045.jpg P1050047.jpg P1050055.jpg P1050058.jpg P1050062.jpg
各種表彰式


    剣道部
        第23回東北高等学校剣道選抜優勝大会
    ●    男子団体        第2位
小濱 徹也(25HR 大間中)
01剣道部男子


    ●    女子団体        第2位
寺田 羽瑠那(27HR 光陵中)
02剣道部女子
   
スキー部
        第63回青森県高等学校総合体育大会
   
●    男子総合        第3位

    ●    男子回転
第1位    成田 隆星(26HR 中里中)
第3位    長野 真(26HR 新郷中)
    ●    男子大回転
第2位    長野 真(26HR 新郷中)
    03スキー部男子
(左から長野・成田)

●    女子総合        第2位

    ●    女子大回転
第3位    工藤 風(17HR 弘前三中)
    ●    女子10kmフリー
第1位    開坂 優(39HR 大鰐中)
    ●    女子5kmクラシカル
第2位    開坂 優(39HR 大鰐中)

第33回 東北高等学校スキー選手権大会
    ●    女子5kmフリー 
第2位    開坂 優(39HR 大鰐中)


        第60回全国高等学校スキー大会
    ●    女子5kmクラシカル
第7位    開坂 優(39HR 大鰐中)

        第66回国民体育大会冬季大会
    ●    女子リレー
第7位    開坂 優(39HR 大鰐中)

    青森県優秀選手賞
    ●    スキー競技
後村 茜(39HR 下長中
)
開坂 優(39HR 大鰐中)
   02スキー部女子
(左から工藤・後村・開坂)

青森県高体連優秀選手賞
 ●    軟式野球
工藤 怜(35HR 弘前一中)
    05軟式野球

青森県高体連ラグビー専門部奨励賞

    ●    ラグビー部
木村 倭人(28HR 弘前南中)
    06ラグビー部
青少年赤十字功労賞

●    JRC部
山田 茜(36HR 弘前東中)
山村 茜(37HR 弘前東中)
07JRC部
 
(左から山村・山田) 

2010年度乙種危険物取扱者全類取得

        山田 瑶一(37HR 弘大附属中)
 

ふみくら賞

3年生

小笠原 恵(34HR 石川中)

    代表    奥島 暁(36HR 弘前三中)
        天野 芙美(37HR 弘前東中)
        毛内 裕佳子(37HR 弘前南中)
        鎌田じょな伊織(37HR 弘前南中)
        工藤 胡乃実(39HR 下長中)
       
古川 綾香(39HR 明徳中)
2年生
葛西 ゆう(25HR 弘大附属中)
下山 郁美(27HR 弘前三中)
篠塚 光(27HR 堀口中)
山本 椋(28HR 弘前三中)
1年生
佐藤 卓也(11HR 弘大附属中)
佐々木 胤輝(12HR 弘大附属中)
神 朋見(12HR 弘大附属中)
水木 将平(12HR 北辰中)
工藤 遥希(12HR 弘大附属中)
山形 愛(12HR 弘大附属中)
齊藤 小春(13HR 石川中)
中村 愛(13HR 弘大附属中)
石戸谷 美歩(14HR 弘前一中)
三浦 豪典(14HR 明徳中)
滝吉 佳奈(15HR 石川中)
09ふみくら

20110228 (1) 20110228 (2) 20110228 (3) 20110228 (4) 20110228 (5) 20110228 (6) 20110228 (7) 20110228 (8) 20110228 (9) 20110228 (10)



○0334『はやぶさ、そうまでして君は』

『はやぶさ、そうまでして君は』
著者名:川口淳一郎 出版社:宝島社 文責 美術 木村顕彦

 本書タイトルの「はやぶさ」とは、小惑星イトカワからサンプル採取を行った探査機の名前である。そして、著者の川口淳一郎氏は「はやぶさ」プロジェクトのプロジェクトマネジャーである。川口氏は私が住む弘前市の出身ということで、イトカワのサンプル回収成功のニュースは地元弘前市でも大きく報じられた。プロジェクトが無事に成功してから私はその詳細を知った。なんと、はやぶさが地球を旅立ったのは2003年。なんと7年にも及ぶ旅だった。宇宙に詳しい人ならまだしも、ハヤブサプロジェクトがいかにすごいことかを理解するには、本書を読むのが一番早い気がする。まず、このプロジェクトが「日本独自でやったこと」だということさえ知らずに私は本書を手に取ったのだから。
 本書の中では、プロジェクトマネジャーとしての川口氏の「リーダー論」的な話は驚くほど少ない。書かれているのは、あくまで「はやぶさ」に対する、子を思う親のような熱い気持ちの数々だ。いみじくも川口氏は本書の中で「はやぶさ」を「ゴール前にフラフラでテープを切るマラソン選手に」例えている。また、イトカワのサンプルだけを残し、「はやぶさ」自身は流れ星となって消えることについても書いている。タイトルで「はやぶさ」を「君」というように、川口氏は本当に一人の人間のように「はやぶさ」を見ている。それはおそらく全国の「はやぶさ」ファンも同様なのだろう。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2011年02月 | 03月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -