FC2ブログ

ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

■ 報告 第43回 陶芸展 同時開催:第3回美術部展 2/20-22

第43回 陶芸展
同時開催:第3回美術部展

2011年2月20日(日)~22日(火)
百石町展示館
無事終了しました。
初日の開館前からすでに行列ができており、
開館後30分で完売に近い状態でした。
20110220 (1) 20110220 (2) 20110220 (3) 20110220 (4) 20110220 (5) 20110220 (6) 20110220 (7) 20110220 (8) 20110220 (9) 20110220 (10) 20110220 (11) 20110220 (12) 20110220 (13) 20110220 (14) 20110220 (15) 20110220 (16) 20110220 (17) 20110220 (18)

○0328『コスモスの影にはいつも誰かが隠れている』

『コスモスの影にはいつも誰かが隠れている』
著者名:藤原新也 出版社:東京書籍 文責 美術 木村顕彦

私が藤原新也氏の名前を知ったのは、道の駅で手に取った野鳥に関するフリーペーパーがきっかけだ。そのフリーペーパーには藤原氏の青っぽい写真と文章が掲載されていた。「写真家か。」と思った。それから何年かたって、友人が私に『なにも願わない手を合わせる』というタイトルの藤原氏の著作を貸してくれた。写真も載っているが、その著作のメインは文章(エッセイ)だ。「写真家にして、文筆家か。」と思う。またしばらくして、古本屋さんが送ってくれたカタログをひらくと、藤原氏制作のリトグラフ(版画)が販売されていた。「・・・・絵も描くのか」と思う。そして最近、テレビのドキュメンタリーで、藤原氏が「書行無常」と題して、書をしたためながら、何人かの人に向けてメッセージを送っている活動を紹介していた。「書道まで・・・・か。」多彩な人である。そして本書は、地下鉄のフリーペーパーに連載された文章を単行本化したものだ。殺人容疑をかけられた幼なじみ、あじさいを撮り続ける年下の写真家、よく話しかけていたスーパーの店員、山で亡くなった昔の同僚の話、アルバイトの他に、アルミ缶を拾って換金する女性、情熱を失った精神科医・・・・どれもぐいぐいと読ませる内容だ。都会に暮し、地下鉄でこの文章を受け取った読者はどう読んだだろうか。藤原氏のまなざしは優しい。私が尊敬する写真家・橋口譲二氏のまなざしとも通じるものを感じる一冊だ。

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2011年02月 | 03月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -