FC2ブログ

ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

■ スキー教室 1日目 1年3・4・5組

スキー教室(1学年)
2月22日~2月24日
大鰐温泉スキー場 国際エリア
雨池スキーセンター集合

2月22日 1年3・4・5組
2月23日 1年6・7・8組
2月24日 1年1・2組

1日目(2/22)
CIMG0804.jpg CIMG0811.jpg CIMG0821.jpg CIMG0828.jpg CIMG0829.jpg CIMG0830.jpg CIMG0844.jpg CIMG0851.jpg CIMG0856.jpg CIMG0858.jpg CIMG0862.jpg CIMG0872.jpg CIMG0881.jpg CIMG0882.jpg
P1050093.jpg P1050097.jpg P1050100.jpg P1050102.jpg P1050103.jpg P1050105.jpg P1050109.jpg P1050120.jpg P1050127.jpg P1050147.jpg P1050148.jpg P1050160.jpg

○0329『好きになる人間生物学』

『好きになる人間生物学』
著者名:吉田邦久 出版社:講談社サイエンティフィク 文責 かなめ

 遺伝子をつくっているのはヒトゲノムの約25%で、残り75%はジャンクDNAである。また、最近ではDNA鑑定が犯罪捜査や親子鑑定や考古学などに使われるようになった。DNA鑑定はPCR法によってDNAを増幅させて行う。その方法の一つとしてMCT118法がある。第1染色体のMCT118と呼ばれる部分のGAAGACCACCGGAAAGという16塩基の塩基配列の反復回数は、個人によって決まっている。これは遺伝するのでその回数を比べることで調べることができる。
 本書は胚性幹細胞の「ES細胞」が万能細胞として詳述されている。しかし、現在は人工多能性幹細胞の「iPS細胞」が主流となってきた。これは体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞。京都大学の山中伸弥教授らのグループによって、マウスの線維芽細胞から2006年に世界で初めて作られた。
 この本はこのように、小論文に題材になりそうな内容を詳しく説明している。将来、看護・医療系の小論文練習前に読むと良い良書である。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2011年02月 | 03月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -