FC2ブログ

ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

■「女子剣道部の今」

第39回東北総合体育大会剣道競技
兼国民体育大会東北ブロック大会
平成24年8月18日(土)
会場 秋田県立武道館

少年女子の部 青森県 準優勝
選手(東奥義塾6名)
亀井麻里 岡﨑千尋  板垣佑果
高橋杏奈 黒田奈々子 篠塚日静

第67回国民体育大会剣道大会出場
東北上位2県が出場権を獲得
(青森県は5年ぶりの出場)
日程 平成24年9月30日・10月1日
場所 岐阜県関市総合体育館

○0887『20世紀少年白書』

『20世紀少年白書』
著者名:山田五郎 出版社:世界文化社 文責 美術 木村顕彦

 本書は山田五郎が同年代のクリエイター13人と語り合う対談集だ。テレビでもお馴染み、美術についての造詣も深い、でも何者かよくわからないタマネギ頭の黒ぶちメガネ、それが山田五郎だ。
 山田五郎は1958年生まれ。そして本書対談相手13人の生まれ年は1957~59年生まれだ。
 彼ら13人のうちの3人、みうらじゅん、しりあがり寿、喜国雅彦(ともに漫画家、1958年生まれ)が、漫画家赤塚不二夫の足跡をたどるテレビ番組を観た直後に私は本書に出会った。なんという偶然。赤塚不二夫ひとつとってみても、世代による影響の差は大きい。本書ではその「世代」の部分をさらに深め、くわえて山田五郎の分析もふまえつつ、軽快に対談が進んでいく。
 内容面でいうと、オタク評論やダイエット本で有名な岡田斗司夫の言葉はひとつひとつ説得力があると感じたし、作家・大岡玲なる人物が詩人大岡信の息子であることを知ることが出来た(大岡信の知られざる人柄も)。また、世に出るまでに試行錯誤をした人もいれば、それとは逆に、デビューしてから苦労した人もいて、同じ時代を生きていてもそれぞれの山や谷があるもんなのだと感じる一冊でありました。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2012年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -