FC2ブログ

ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

■ホームステイの今■その8

ホームステイの今 その8


 
天気にとても恵まれたこの日は、学校の近くのワイマリノ・アドベンチャーパークにてカヤックを体験しました。二人のイケメンインストラクターから説明を受け、ライフジャケットを着用していざ、川の中へ。
初めのうちはなかなか前に進まなくて大変だったようですが、そのうちに自在にカヤックを操るようになり、カヤックの上に立ってみたり、カヤックをまたいで漕いでいたりとさまざまでした。
カヤックを堪能した後は、パーク内のさまざまなアトラクションに挑戦しました。
 アスレチックやバレーボール、トランポリンやターザンのようにロープを持っ て川に飛び込んでいくTarzan swing、ウォータースライダーのようなslip 'n' slideなどもありましたが、生徒たちの目をくぎ付けにしたのは「世界の果てまでイッテQ」にも登場したThe BLOB。川に浮かんでいる浮島の片方に一人が座り、もう片方には上から人がジャンプします。すると座っていた人が空中に飛び上がるというものです。ジャ ンプするのにかなり勇気がいりましたが、最後にチャレンジした生徒は見事な飛びっぷりでした。
 
古川亜湖





    2013101101.jpg

2013101102.jpg



  2013101105.jpg

2013101106.jpg

〇1290『ニュースキャスター』〇

『ニュースキャスター』
著者名:大越健介 出版社:文藝春秋 文責 美術 木村顕彦

 本書は文春新書の一冊である。
 著者は大越健介。名前は知らずとも、顔を見たら多くの人があー、あの人というはず。『NHK ニュースウォッチ9』のキャスターである(2010年3月~)。その大越が、自らの人生について語り、そして自らが携わったニュースに対する思いをまとめたのが本書だ。
 さて、ニュースというのは、情報を伝えるものである。その理屈から言えば、あまたあるどのニュース番組も等価値なはずだ。だが実際は、自分はどのニュース番組が何となく好きだ、という好き嫌いがある。では、その好き嫌いは何から発するのか?それはやはり、ニュースキャスター(女子アナを含めて)の魅力ではないだろうか。
 と、ここまで書くと、私はさも大越キャスターが好きで本書を手に取ったと思われるだろう。だがそうではない。ただ何気なく手に取った本の作者が大越キャスターだというだけだ。何より意外だったのは、NHKのキャスター(いうなればNHKの社員)が文春新書の本を書いていることだ。ちなみに大越は『向き合う仕事』という著書も書いている。
 本書を読んでから、私は大越が好きになった。ニュースウォッチ9はいつも観ているわけではないから、私はその魅力(番組の魅力と、大越の魅力)を十分に理解していなかった。というか大越の隣にいる井上あさひキャスターばかりを観ていた!(だが、なぜか2013年8月から井上キャスターから久保田キャスターにメンバーチェンジ)
 それは半分(!)冗談として、本書だ。
 本書全体で250ページほどあるうち、半分ほどは「ニュースウォッチ9」公式ホームページに毎週掲載されているコラムの再録だ。このコラムの内容がまたいい。大越の人間性が、テレビ(映像)以上ににじみ出ている内容なのである。文章力が優れているのは、NHKの社員だから当然かと思いきや、確かな裏付けがある。大越はもともとキャスターではなく、放送記者だったのだ。そう知って納得。小論文の書き方の参考にもなりそうな一冊だ。 



最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -