ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

■「女子バスケットボール部の今」練習風景

「女子バスケットボール部の今」
練習風景

 女子バスケットボール部は「明るく・楽しく・元気よく」をモットーに日々部活動に励んでいます。人数は少ないながらも、メンバー全員で話し合いながら日程やメニューを考え、日々練習に励んでいます。4月25日(土)の青森県春季大会も終わり、今は高校総体へ向けて新たにスタートを切っています。
まだまだ部員は募集しています。経験者も初心者も大歓迎です。まだ部活動に入っておらず、バスケットボールに興味がある生徒のみなさんは、ぜひ見学に来て下さい。(文責:小澤 直史)

2015.04.21 女子バスケ(1)

2015.04.21 女子バスケ(2)

○1856『野心のすすめ』○

 『野心のすすめ』
著者名:林真理子 出版社:講談社 文責 美術 木村顕彦

 本書は講談社現代新書の一冊だ。
 著者は、林真理子(1954-)。『下流の宴』ほか多数の小説を精力的に発表している作家。
 その彼女が、自身のこれまでの歩みを紹介しつつ、野心についての論を展開した著作が本書である。
 2013年の刊行時、大きな話題となった本書。遅ればせながら私は2015年に読んだ。
 「低め安定」に満足している若者たちに、本書の内容は響くのか。
 結論から先に言うと、響く。ただし、全体をしっかりと読まなければ、林の真意はなかなか伝わりづらいだろう。「野心のすすめ」というタイトルだけで、何となく内容を想像して、本書を読むことに拒否反応を起こしてしまっては現状は何も変わらない。
 印象深かった箇所を紹介する。以下引用。
 「自分がみすぼらしい中高年になるとは想像もできない若い人たちが多すぎるのではないでしょうか。いまは親と同居して面倒を見てもらっているからいいけれど、親が年金暮らしになり、いつか頼みの親は死んでいなくなってしまうこともロクに考えていない。(改行)五十代になっても居酒屋チェーンのアルバイトで運良く雇ってもらっているのはいいが、二十代の社員店長からこき使われている自分を想像できるのでしょうか。」
 こんなにも真正面から、まっとうな事を言ってくれる大人が少なくなっている現代。若い人たち自身からすると現状維持だと思っていることでも、時間が経過するうちにそれは、後退、となっていることを忘れてはならない。野心とは、単に物欲が必要だとかを指しているわけではないことを踏まえつつ読んでいただきたい一冊だ。

連載小説 第十二章(2)

 第十二章 どきどき三者面談(2)

 美夏は素直に、やっぱり柏木はすごいなと思った。
 本人が意識しているのかいないのかは分からない。しかし現実に、注意散漫でよそ見しがちな美夏たち若い世代を、政治や経済という堅苦しい話題に対して夢中にさせる力を発揮することができている。この力はそう易々と手に入れることができる類のものではない。柏木にはいとも容易(たやす)くそのことが実現できているように見えた。
「さあ、そこでいよいよ選挙戦に突入するわけだ。小選挙区比例代表並立制についての知識は完璧か? 全員にちょっとずつ質問しながら話していこうな。じゃあまず誠。誠たちが住んでいるこの県内は、いくつの小選挙区に分かれてた?」
 誠が四つと答えた。柏木はそのことを肯定し、さらに選挙制度の説明を進めた。
 厳密な意味では授業と呼ぶことができない時間ではあるのだが、これ以上に楽しい講義を、美夏はそれまでに受けたことがなかった。皆頭を寄せ合って柏木の手元を見つめ、質問を投げかけられては考え込んだり答えたりした。 誰もがすっかり柏木の話に引き込まれ、夢中になって知識を吸収しようとした。
「うわ、すげー。先生、政治家になった方がいいんじゃないですか?」
 勇児が素(す)っ頓狂(とんきょう)なrennsa声を上げた。
「ははは、こんなの高校の政治経済の知識をしっかり身につけてるだけで、誰でも話すことができるレベルだ。俺みたいな奴は政治家になって日本を動かすような立場にはなれないよ。傍(はた)からブーブー文句言ってる方が性に合ってる」
 柏木はさも愉快だというふうに声を上げて笑った。そして、今の話で分からないところがあったら、後でしっかり調べておけと付け加えた。
 美夏はもっと柏木の話を聞きたいと思った。
「先生、先生は今回の総選挙でどんなことを考えました? 漠然とした質問かもしれないですけど、何でもいいから教えてください」
 そう言って、美夏は柏木の言葉を引き出そうとした。
「公社の民営化を柱とする首相の改革路線は、もともと党の中で一番有力だった派閥との権力闘争の中から生まれてきたものだっていう見解がある。それを、首相は党の問題から日本全体の問題へと議論の場をすりかえて、公社の民営化を国民的な改革の象徴に押し上げてしまった」
「個人的なレベルの問題が、国民を巻き込んだ問題にすりかえられたってことですか?」
「そんな見方をすることもできると思う。俺にも、今回の選挙の一連の問題は、すべて首相の『私(わたくし)』の思いが政治の表舞台に現われてきたように思えてならないんだ。逆に言えば、『私』の思いが反映されない政治なんかありえないけど、『私』の思いを満たすために、それが『公(おおやけ)』にとっても必要だと国民を説得したんだとすれば、今回の場合は相当珍しい出来事だって言えるんじゃないかな。だけど、納得させることができたとは思えない。国民の理解を引き出す段取りをすごくないがしろにしてしまったように思う。国民も国民で、公社の『民営化』イコール『改革』イコール『望ましいもの』という単純で明快な図式に安直に乗っかってしまって、その先のことを考えていないように思える」
 あくまでも俺の考えだよ、と前置きをして、柏木は話しを続けた。
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2015年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -