ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0663『言葉のちから』

『言葉のちから』
著者名:鈴木孝夫 出版社:文春文庫 文責 国語 坂本幸博

 日本でも有数の言語学者が、さまざまな場所で行った講演とさまざまな雑誌に掲載された論文をまとめ、さらに書き下ろしの論文を加えたという非常に豪華な内容である。
 単行本として出版された際には『アメリカを知るための英語、アメリカから離れるための英語』というタイトルであったものを、文庫化にあたって表題に変えている。まず、そこにおいて筆者の考えをよく理解する必要があろう。
 戦後日本の急速な近代化はある意味「アメリカ化」であったともいえる。「マッカーサー神社」など極端なものも含めて、日本においてアメリカは正に「神」であったともいえるのである。豊かで自由、活気にあふれたアメリカを目指し、日本は邁進してきた。現代に至り、食事も「アメリカ化」しファーストフード店が軒並み店を並べ、若者たちはそこで長い時間を過ごすようになった。また、東洋人の特徴である黒髪も「金髪」に染めるのは若者ばかりでなく、かなり年配の人たちでもおこなっている。
 いわゆる「アメリカ式生活」はエネルギー消費量がとてつもなく高い。多くのものを消費し、環境汚染はとどまることを知らない。日本もそうした国になってはいないだろうか。
 我々日本人は何を目指すべきであるのか。なにを求めるべきであるのか、そういった問題を「ことば」を中心に据えて眺めたのもが当該図書である。
 中身は言語関係の書物というよりも、私には一種の哲学書や啓蒙書のように感じられた。純粋な「言語の話」を期待してしまうと、少々「肩すかし」を食わされたように思うかもしれない。しかし、中身のすばらしさは保証できる。多くの人に繙いてほしい一冊である。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -