ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0677『スマート読書入門』

『スマート読書入門』
著者名:まつもとあつし 出版社:技術評論社 文責 理科 井上嘉名芽

 本書では紙の本にとどまらず、iOSやAndroidOSが入っているタブレットや携帯での新しい読書形態を分析し紹介している。また、米国ではAmazonが提供しているKindleが発達している。例えば、紙の本が百冊売れる間にKindle対応の電子書籍が平均180冊売れるペースであるそうだ。要するに電子書籍が紙の本を上回って提供されているのである。日本では、まだまだ紙媒体が多く、全てが電子書籍になるわけではない。現在、どんどん整備が進んでいるようだが、これらを活用しない手はない。そこで本書で紹介されている読書とは個人の中にある知のネットワークを拡げる活動であると同時に、他の読者、場合によっては著者とのネットワークを拡げ、新たなアクション(一人の読書では出会えなかった本と出会ったり、本の感想を通じて読者や著者とソーシャルメディアでつながるなど)を生み出すように進化しつつあると詳説している。これを「ソーシャルリーディング」と呼ぶ。そのソーシャルリーディングを駆使するために本にまつわるテクニックが数多く紹介されている。自分の本をPDF化するための「自炊」の仕方や設定まで細部にわたって紹介してある。
 私自身、「自炊」をするときどの程度の解像度が一番手頃なのかいつも疑問に思っていたので、設定画面が載っていて大変重宝した。また、本校公式ブログでも毎日本の更新をしているが、何か、もう少し見やすい方法がないかを常々考えていた。本書の中にあった、「ブクログ」というアイディアを応用して出来ないかと現在思案中である。私自身の読書履歴は「メディアマーカー」を使っていたが、携帯専用のアプリが出ているのを知らなかったのでしばらく登録作業から遠ざかっていた。今回をきっかけとしてまた、まとめようと思った。このように本に触れることで、日頃から温めている考えを実行するチャンスをもらったり、以前からの途中のものが再度出発するきっかけになるとあらためて感じた。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -