ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0750『「トキワ荘」無頼派漫画家・森安なおや伝』

『「トキワ荘」無頼派漫画家・森安なおや伝』
著者名:伊吹隼人 出版社:社会評論社 文責 美術 木村顕彦

 藤子不二雄Aの名作自伝マンガ『まんが道』に、本書の主人公・森安なおやが登場する。若き日の藤子、石ノ森章太郎といった巨匠漫画家たちとともに森安なおやも同じアパートに住んでいた。そのアパートが、トキワ荘だ。
 トキワ荘に暮らした多くの漫画家は、巨匠として大成した。だが森安は人気漫画家とはならず、職を転々としながら晩年は家族とも別居し、1999年にひっそりと自宅で亡くなる。
 本書著者の伊吹隼人は、丹念に取材を重ね、森安馴染みの場所に足を運び、森安の知人からのインタビューも数多く行なう。その成果がこの一冊の評伝だ。
 森安なおやとトキワ荘、と言うと、1981年に放送されたドキュメンタリー番組『NHK特集・わが青春の「トキワ荘」』が思い出される。私はその番組の再放送を高校時代に見た。その番組での森安は、職を捜しながらも、戦記マンガをコツコツと描き、それを出版社に持ち込み、そしてその原稿が採用されることはない、惨めな漫画家だった。森安がみじめな姿であればあるほど、同じ番組で紹介される他の元・トキワ荘住人漫画家たち(藤子不二雄・赤塚不二夫・石ノ森章太郎ら)の華やかさが際立つ。それは、高校時代の私には、いささか残酷すぎる内容の番組だった。本書では、その番組制作に対する疑惑についても、詳しく取材を重ねている。その部分は必読だ。
 ちょっと笑えるのが、本書タイトルには森安を「無頼派」と称しているが、実際の森安は様々な知人友人を「頼って」いる点だ。
 また、本書全文280ページ中、伊吹による森安伝は140ページほどで、残りは森安の初期漫画代表作『赤い自転車』の再録なので、「半分は漫画」感覚で気軽に手に取って読んでいただきたい。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -