ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0761『ほんとうの話』

『ほんとうの話』
著者名:曾野綾子 出版社:新潮社 文責 国語 坂本幸博

 「ほんとうの話」と前置きされると、何となく秘密めいた、おいそれと口にできないというような印象を持つのは、私だけであろうか。
 我々が社会の中で生活するということは、多くの「嘘」に囲まれて生活することでもある。人間である以上、「嘘をついたことがない」という人はいないであろう。もちろん、そこには「程度の差」は明らかに存在する。そしてちょっとしたお世辞など、相手を傷つけることのない「嘘」は、嘘であるという認識すらない人がほとんどであろう。
 このことは「第四章 同調について」で、遠藤周作が行った結婚式でのスピーチを題材にして考えられている。「新婦は○○大学を優秀な成績でご卒業、毎年自治会の会長に選出され、ご覧の通りまことに美しい方であります」と遠藤がスピーチしたとたん、まず新婦自身が大笑いしたというのである。遠藤はこの箇所を大きく間延びさせ、ゆっくりと強調して発言したのである。ここで遠藤は、世間でよく行われる「善意ある嘘」の効用を利用している。通常よりも強調したことにより「嘘」であることを臭わせることに成功したのである。しかし、遠藤のこのスピーチを聴いた人たちは、この新婦に対し、通常のスピーチで紹介される「化け物のような欠点のかけらもないすばらしい優等生」よりも、遙かに賢く、美しく、温かい人柄だと感じているのである。こうしたことは実に興味深く思われる。著者はこの話をを通して、我々に何を訴えたかったのであろうか。それを理解する為には、当該図書を繙き、他の章段も合わせて、熟読するしか方法はないであろう。
 他の章段もこうしたスタンスで論じられている。「卑怯者について」「差別について」「平和の裏側について」などタイトルを見るだけでも、どんなことが書かれているのだろうかとわくわくすることこの上ない。ぜひ、手に取り「ほんとうの視点」を手に入れてほしいと考える。虚飾にまみれた現代に暮らす我々に必須の良書である。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -