ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0777『「写楽」問題は終わっていない』

『「写楽」問題は終わっていない』
著者名:田中英道 出版社:祥伝社 文責 美術 木村顕彦

 奇妙なタイトルの本、と思われる方も多いのではないだろうか。
 本書のタイトルは、写楽問題は終わった(解決した・解明された)、という世間の風潮があるからこその逆説的なタイトルだ。
 そもそも、『「写楽」問題』とは、江戸時代の浮世絵師・写楽は一体何者なのか、という美術史上長年の謎を指す。そして、その長年の謎に決着をつけた(と、思われている)のが2011年5月放送のテレビ番組「写楽・解かれゆく謎 ギリシャの浮世絵が語る正体」だ。この番組により、浮世絵師・写楽の正体は、江戸時代の能役者・斎藤十郎兵衛であるという説が有力になる。・・・と、ここまでの前提があった上で、その説に反論という意味で「終わってない」という本書タイトルが出てくる。疑惑のテレビ番組を観て写楽問題は解決したと思い込んでしまった(私のように単純な)人間は、ついつい書店の棚で本書に手が伸びる。
 著者・田中英道は「写楽イコール北斎」説をとる。北斎、とは江戸時代のみならず美術史上最も重要な画家・葛飾北斎(浮世絵「富嶽三十六景」が特に有名)だ。田中は過去から一貫して北斎説をとり続けている。その立場から、徹底的に論考を重ね、疑惑のテレビ番組における矛盾点を洗い出している。
 スリリングな内容だ。私は本当に単純なので、本書の立場に賛同。鞍替えだ。
 ・・・だが、思い出してみると私は数年前『写楽は十八歳だった!』という本(著者は浮世絵コレクターの中右瑛)を読んだ時には、そこで主張された「写楽イコール鳥居清政」という説を信じきっていた・・・。確かに写楽問題は、終わっていない。終わりにくい謎だ。

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -