ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0814『司修 の えものがたり』

『司修 の えものがたり』
著者名:司修 出版社:トランスビュー 文責 美術 木村顕彦

 書店で、この装丁いいと思う本には、たいてい「司修」の名前が記されていた。
 司修は画家として、様々な画風(技法、ペンタッチ含め)を持つ。自分がいいとおもう絵の幅は、司修にとってはほんの一部なのかと思うと、愕然とする。
 本書は、その司修の絵本原画展の公式図録書籍だ。
 そう、司修は画家であり、デザイナーであり、そして絵本画家だ。
 ちなみに、私が好きな司修の絵は、ミヒャエル・エンデの『サーカス物語』のイラストだ。・・・だが、その絵は本書には収録されていない。おそらく、本書収録は絵本原画で、『サーカス物語』は児童書扱いだからだろうか?ともあれ、どこかで『サーカス物語』を見かけた方は、絵だけでも見ていただきたい(『モモ』のエンデには甚だ失礼な話)。
 さて、先に私が述べた、司修の「様々な画風」についても、本書を一冊ながめるだけで十分理解できるはずだ。
 リトグラフ、水彩、油彩、クレパス、ポスターカラー、岩絵具、木炭、などなど。それらのなかで特に私が興味を持ったのは「スクラッチ・ボード」の技法だ。黒い画面のボードを、針で引っかくと細い白く細い線があらわれる。小口木版のような効果を手軽に得られるボードらしい。早速自分でもボードを買って試してみようかと思ったが・・・本書によると「もう製造を中止しているので、やりたい人は(略)石膏を薄く引いて、スプレーで黒を付ければよいのです」。そう言われて、実際に行動に移すかどうかに、才能の差がある気がする。

学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -