ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0843『絵とは何か』

『絵とは何か』
著者名:坂崎乙郎 出版社:河出書房新社 文責 美術 木村顕彦

 ずいぶんと前から存在を知っていながら、最近になってようやく読んだのが本書だ。
 直球なタイトルだ。絵とは何か。そう言われてみたら、絵とは奇妙で、不可思議な存在だ。生きているわけでもないし、動くわけでもない。
 坂崎はゴッホが好きなのだろう。本書では、画家ゴッホがたびたび登場し、彼がどう絵と(芸術と、生活と)向き合って生きたかを検証されている。
 世の中あまりにもゴッホの話ばかりがまかりとおっていて、若干辟易している私は、ゴッホとあるだけで読み飛ばしたくなる。ゴッホだけが画家じゃないのだからさあ、という心境からだ。ところが、本書では、文中ゴッホに触れているのと同時に、鴨居玲、坂本善三といった私が気になり続けている画家の名前が登場しているではないか。私はそのことに嬉しくなり、この人(坂崎)が書くゴッホの論考ならば少し耳を傾けてみようと、偉そうにも思ってしまったのだった。
 私も偉そうに絵を語る人間だが、この坂崎という著者も、歯に衣着せぬ美術評論家だ。本書に書かれた「文化勲章を受賞した田崎広助の絵は確実に阿蘇の風景を掴んでるというふうなことを、(木村註・何もわからない人は)言うわけです。そんなことは絶対にないのにです。」や「森芳雄という人は、紀伊国屋にある<二人>という作品はよかったが、そのあとは名声で食べているんです。」といった記述は、本当に私を驚かせた。評論家とは、かくも本気で、はっきりと思ったことを書くのかという驚きだ。
 一方で、その坂崎が、本書の中で実力を評価し、紹介している画家がいる。横田達人、石川智一といった画家がそれだ。私も初めて聞く名前だ。もし機会があれば、是非彼らの作品を見てみたいと願う。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -