ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0870『版画まんだら』

『版画まんだら』
著者名:畑中純 出版社:人類文化社 文責 美術 木村顕彦

 本書は、版画家としても名高い漫画家・畑中純の版画集である。
 九州の温泉街を舞台にしたマンガ『まんだら屋の良太』のキャラクターを描いた版画が本書には多く登場する。大らかなエロティシズムがあり、画作りが出来る稀有な漫画家が畑中純であることを痛感する。
 その畑中純が、2012年6月13日、62歳という年齢で世を去る。近年は、東京工芸大学のマンガ学科教授としても活躍していたようで、何と死の前日まで教壇に立っていたという。まさしく突然の死。私は呆然とした。
 畑中の死を知り、以前から機会があればめくっていた本書を再び手に取る。前述のように、そこには畑中の木版世界が広がっていた。
 だが今回本書を読み返し、私は意外なことに気付く。それは、私はこれまで、本書の画の部分ばかりを見ていて、あとがきをきちんと読んでいなかったということだ。
 本書のあとがきには、ある作家に対する畑中の想いが綴られている。ある作家、とは伊藤整のことだ。伊藤といえば、チャタレイ裁判ばかりがクローズアップされるが、畑中がここで語っているのは『日本文壇史』という伊藤の評論集についての熱い想いだ。
 あとがきによると、畑中は北海道小樽市にある伊藤の文学碑を訪れている。その地で畑中は誓う。「もしボクにたっぷり時間が残されているのであれば、『日本文壇史』の方法で『日本ヤクザ史』や『日本マンガ史』を書くかもしれません。笑って許してください」と。
 本書の発行が1999年。畑中による『日本ヤクザ史』『日本マンガ史』を見ることはついになかった。「たっぷり時間が残されていれば」。才能溢れる芸術家にとって、人生はあまりにも短い。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -