ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0880『「利他」人は人のために生きる』

『「利他」人は人のために生きる』
著者名:稲盛和夫・瀬戸内寂聴 出版社:小学館 文責 美術 木村顕彦

 本書は、作家で僧侶の瀬戸内寂聴と、京セラ名誉会長の経営者・稲盛和夫の対談集だ。
 2011年の震災後に、どう生きていったらいいかが対談の柱であろう。
 ちなみに、本書タイトルにある「利他」とは、天台宗の言葉「忘己利他」(もうこりた)からきている。「自分のことは置いておいて、とにかく人のためになることをしましょう」という意味の「忘己利他」という言葉を、瀬戸内はよく「もう懲りた(もうこりた)じゃりませんよ。」と冗談めかして言う。何度も言う、というのはそれほど重要だからだろう。とにかくタイトルまで「利他」だ。どうしても震災を意識してしまう。
 まあ稲盛・瀬戸内の対談集なので、宗教的で真面目な話があるのは当然として。
 まず読んでいて笑ってしまったのは、震災で停電になったときの話だ。「寂庵なんか、家の中を全部電化にしているから、やっぱり不便なんですよ。」という瀬戸内の言葉。ここでの「寂庵」とは瀬戸内の住まいのことだが、まさかそこがオール電化とは。僧侶とオール電化のギャップが面白い。
 対する稲盛の言葉で笑ってしまった箇所が一つ。稲盛は、倒産した日本航空(JAL)の会長に2010年就任したことが大きな話題になった。倒産した企業の会長を、無給(!)で引き受けた稲盛。その仕事のストレスからか、「長いことやめていた煙草を、最近また吸い始めましてね」と笑って話す。超人的なお二方だが、なんとも人間らしい一面も持っていることがよくわかる一冊だ。


学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -