ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0906『太陽を掴んだ男 岡本太郎』

『太陽を掴んだ男 岡本太郎』
著者名:柴橋伴夫 出版社:未知谷 文責 美術 木村顕彦

 本書は、『太陽の塔』で知られる芸術家・岡本太郎の評伝だ。
 本書著者の柴橋伴夫はこれまで難波田龍起、砂澤ビッキ、安田侃、イサム・ノグチ、と、北海道ゆかりの芸術家をテーマに多くの評伝を執筆してきた。その柴橋が、2011年に発表した新作評伝に選んだ芸術家が岡本太郎だった。太郎ゆかりの地と言えば、パリ、沖縄、大阪、岩手・・・その他各地だ。では北海道はというと、本書によると1954年に北海道・登別のアイヌ部落を訪れ、長老と太郎が写真に収まったエピソードが紹介されている。だが「そこで停止(停滞)してしまった。きわめて残念だ。」と、柴橋は述べる。北海道ゆかりの芸術家に詳しい柴橋としては、それは確かに残念であったことだろう。
 生い立ちから死に至るまで、燃えるように走り続けた太郎の人生を一冊にまとめた本書。香月泰男、三岸好太郎、難波田龍起、砂澤ビッキ、ベン・シャーン、果ては赤塚不二夫という風に、一見すると太郎と直接つながらないような芸術家の活動を紹介しつつ、多角的に太郎の姿を浮かび上がらせる本書の手法は独特だ。
 再評価が進み、若者にも支持されている岡本太郎(女優・成海璃子もファンらしい)。その太郎の人生を理解するのに丁度いい評伝が本書である。 


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -