ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0915『西村賢太対話集』

『西村賢太対話集』
著者名:西村賢太ほか 出版社:新潮社 文責 美術 木村顕彦

 本書は、『苦役列車』で芥川賞を受賞した小説家・西村賢太の対談集だ。
 対談相手は、町田康、高橋三千綱、石原慎太郎など、七名だ。ちなみに、そのうちの坪内祐三、朝吹真理子は本書で二度対談している。
 私が読むかぎり、高橋三千綱(芥川賞作家)との対談が最も面白い。どこまでも赤裸々な西村の言葉が笑える内容である。特に「予定納税」なのに「払わないと追徴金が来る」という理不尽な所得税の制度を先輩芥川賞作家の高橋が西村に説くシーンが印象的だ。
 また、対談とは全く関係ない話で私が驚いたのは、坪内祐三が1958年生まれだということだ。様々な場面で目にする坪内祐三の仕事ぶりを見ると、勝手に70歳代か80歳代かと思っていたので、意外に思ったのだった。
 さて、その坪内との対談中に話題に上がった、ある文庫本の話も印象的だ。「ある文庫本」とは、西村がNHKの番組『ようこそ先輩』に登場した時に50冊のみ製本した特別な文庫のことだ。番組中、西村は一クラス35人の小学生に私小説を書かせ、それを本格的に文集として製本した。なんとその製本費用が(余裕をもって50冊印刷)、なんと50万円だったというのだ。番組を観た時に、その費用が気になっていたいた私としては、やっぱりそのくらいかかるのかー、と溜め息がもれる。それに加えて、「将来、神保町の目の利く専門店が三万ぐらいつけるんじゃないかと思って、自分用に七冊キープしているんです。」という西村の抜け目のなさにも、溜め息がもれるのだった・・・。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -