ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0956『暴走族、絵本作家になる』

『暴走族、絵本作家になる』
著者名:のぶみ 出版社:ワニブックス 文責 美術 木村顕彦

 暴走族や不良だった人が、教師やら弁護士、牧師になるといった類いの本がある。
 その類いの本には、なんとなく嫌悪感が先立ち、敬遠してきた。
 だが、本書の「絵本作家になる」というタイトルが気になり、手に取る。
 前半は、著者・のぶみの暴走族時代のエピソード。読み飛ばす。
 読み始めたのは、のぶみが専門学校に入学し、絵本作家を目指す箇所から。(ちなみに、のぶみ自身が受験した学校は全部不合格。だが、なんと牧師である父が、のぶみに替わって勝手に替え玉受験をしていた専門学校が合格だったらしい。・・・。)
 好きな女性に好かれるために絵本制作をはじめ、出版社に持ち込むがひたすらボツ。ようやくチャンスに恵まれヒット作を叩き出すが、ヒットはその一作のみ。どん底のなか、子どもが生まれ、その子どもの言葉からヒントを得た絵本作品『しんかんくん』シリーズが大ヒット。掻い摘んで内容を説明すると、今述べた通りなのだが、ぐいぐい読ませる文章力が魅力だ。やはり、流れを重視する絵本の世界で活躍している力は確かだ。
 印象的だったのは、のぶみがひたすら先輩の絵本作家たちにアドバイスを請う姿だ。やなせたかし、ブルーナ、中川ひろたか、さくらももこ、きむらゆういち、せなけいこ、田畑精一、五味太郎、原ゆたか、長新太・・・。彼らの言葉がまた、深い。超一流の絵本作家に貪欲に食らいつくのぶみという人物は、やはりタダモノではない。もしのぶみが内気な文学少年だったら、決してそんな動き方はしなかったはずだ。暴走、するくらいがちょうどいい世界がある。(そういえば、きむらゆういち・五味太郎・長新太って、かなりファンキーな人物だという印象がある。)
 奥さん、お子さん、そして先輩らに恵まれすぎ!の感はあるが、読んで元気になる一冊だ。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -