ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0975『NARA LIFE』

『NARA LIFE』
著者名:奈良美智 出版社:FOIL 文責 美術 木村顕彦

 2012年。奈良美智の何度目かの展覧会があった。私は青森県立美術館で鑑賞した。
 本書は、その展覧会のタイミングに合わせたかのように刊行された、奈良のここ数年の心境をまとめた一冊だ。
 奈良のいくつかの著作を並べて考えると、本書は『NARA NOTE』の姉妹作というふうに私は捉えた。
 口語体になる箇所が少し読み辛い印象はあるが、本書で語られる心情はシリアスで、時に鋭い。「ずっと日本の政治が嫌いで、恥ずかしいとさえ思っていた。」や「ドイツにいた頃、いつもドイツ人に対して漠然とした敗北感がつきまとっていた」という記述も本書には収録されている。パンクロック精神を持った奈良の、新たな一面に触れた気がした。また、「鶴岡政男や麻生三郎、松本竣介、あい(雲へんに愛)光らが生きていた時代の生々しい空気の中にタイムスリップして、戻って来るのだ!」という一文に列挙された昭和の洋画家たちの名前は私の心を熱くさせた。奈良の心の中にも、それらの画家が生きている事が意外で(失礼)、嬉しくなった。
 ニューヨークでの落書き騒動、その後、絵が描けず作陶とブロンズ像の制作の日々。そして震災。それらを体験して一人のアーティストが思うことが切々と綴られた一冊だ。
 別段私は奈良美智の大ファンというわけではない。だが、よく知りもしないで奈良美智を批判する人には、本書を読む事をお勧めしたい。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -