ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0996『日本民藝館所蔵 バーナード・リーチ作品集』

『日本民藝館所蔵 バーナード・リーチ作品集』
著者名:日本民藝館学芸部・編 出版社:筑摩書房 文責 美術 木村顕彦

 「民藝民藝って、民藝っていったら古いものみんないいみたいにいうけどさ。日本民藝館が集めてるものがいいんだよね。」
 仙台で陶芸をしている友人が、そういった意味合いの事を話していたことがあった。
 無名の工人がつくった日用品。柳宗悦はそれらの美しさに魅せられ、民藝品と名付けて蒐集をした。その蒐集品は、東京駒場の日本民藝館に収められている(柳は故人。ゆえに当然、柳以外の人物が蒐集したものも収蔵されているはずだ)。
 無名の工人がつくった日用品、その全てのものが美しいのではない。柳はじめ、民藝を愛した者たちが集め、その審美眼にかなったモノだけが日本民藝館に並び、それを見た後世の人が「これはスゴイ、昔の人には敵わない!」と感じる。敵わないものを昔の人がつくったのは事実だ。だが昔の人のつくったもの全てが敵わないとは思わないことだ。先に挙げた友人の言葉はそういう意味を含んでいるのではないだろうか?
 随分と前置きが長くなった。そこで本書だ。
 バーナード・リーチは、日本の民藝運動にもゆかりが深い、イギリス人陶芸家である。タイトルにあるように、本書に掲載されている作品は全て日本民藝館所蔵作品だ。・・・やはり全てが美しい。
 陶器だけではない。リーチはもともと銅版画を制作していた。それも掲載されている。
 本書を読み、意外な事実を知る。ロンドン美術学校において、20歳のリーチに銅版画を教えた人物は、フランク・ブラングィンだと言うのだ。近年、再評価の兆しがあるイギリスの画家フランク・ブラングィン。彼もリーチ同様、日本にゆかりの深い人物であり、不思議な縁を感じる。

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -