ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1054『売れる作家の全技術』

『売れる作家の全技術』
著者名:大沢在昌 出版社:角川書店 文責 美術 木村顕彦

 本書著者は、『新宿鮫』シリーズで知られるミステリー作家の大沢在昌だ。
 だが、本書タイトルからもわかるとおり、本書の内容は小説ではない。本書は12名の作家志望者に対して、小説家になるためのノウハウを伝えた「小説講座」だ。
 ぱらぱらとめくった時の印象は、まるで古典か現代文の参考書のようだ。一部が赤文字で書かれていたり、赤くアミがかかっている。副題は「デビューだけで満足してはいけない」。その言葉には、29冊目でようやくヒット作に恵まれた大沢自身の経験によるものが潜んでいる(大体にして、出版不況と言われる現在では、売れない作家に28回もチャンスを与える余裕はない)。また、「日本には現在、200以上の新人賞が」あり、「一つの賞に平均300人として6万人が応募し、その中から200人がデビューできたとしても、一年後に生き残る作家はおそらく一人か二人」と捉える大沢の考えは確かだ。「デビューだけで満足してはいけない」、その想いを持った上で、大沢は参加者12名に対して、自らのもてる「技術」の全てを伝え、添削をする。ただ、「技術は教えられるが才能は教えられない」事は強調している。過酷な世界である。
 全体を通し、小説ノウハウの中での「視点の乱れ」についての項目は興味深く読んだ。小説における「視点」とは、一人称で書く、といったことである(いわゆる「神の視点」で書かれた小説は、日本ではほとんど読まれないと大沢は述べている)。普段、無意識に小説を読んでいるが、書き手はストーリーや文体以外にも神経を使っているのだと改めて感じた。作家志望者は勿論のこと、文章術全般にも応用できる内容の一冊だ。

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30