ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

●0123●『大人の食育』

『大人の食育』
著者名:服部幸應 出版社:NHK出版 文責 かなめ 

 味を感じる器官はどこだろうか。舌で65%,喉で25%,上顎で10%の味を感じます。舌で味を感じることは感覚的に分かります。また,喉も炭酸飲料やビールなどを飲むときに喉越しの爽快感を求めます。それは味を感じているからです。そして上顎は,食べ物を咀嚼するとき,私たちは自然と舌で食べ物を上顎に擦り付けるようにします。身近な食べ物で,注意深く試してみてください。きっと味を感じているはずです。また,香りがしないと味の20%しか分からない。風邪を引いたときに味が分からなくなるのは,鼻が詰まって香りとの相乗効果が消されてしまうからです。視覚も同様なのです。ですから,昔から小さい子が嫌いな食べ物を食べるときに目をつぶって鼻をつまんでがんばって食べる方法は実際に味を分からなくさせてしまう効果があるのです。
 日本の食料自給率をカロリーベースで比較すると,日本の自給率はわずかに40%,先進国の最低の数字です。
 現在,世界の人口は63億人です。そのうちのたった8%だけが,豊かな食事をしているという現実があり,日本もその中に含まれています。対して世界で8億3000万人は栄養失調状態であり,年間1500万人が餓死,その計算だと一日に四万人もが餓死しているのです。
 一方で日本は残飯は世界一,金額に換算すると,年間11兆1000億円もの残飯を出しているのです。先ほど日本の食糧自給率は40%と言いましたが,これを金額に換算すると12兆5000億円,つまり日本は自給できる食糧の89%を捨てているのと同じ計算になるのです。こんな状態で,日本は正常だといえるのでしょうか?金額の計算だけでいうと,日本で捨てている食料の額で,年間餓死している1500万人の人が救えるのです。

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -