ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

〇1155『西の魔女が死んだ』〇

『西の魔女が死んだ』
著者名:梨木香歩 出版社:小学館 文責 2年 三浦佳来

 
 今回、私が紹介する小説は『西の魔女が死んだ』です。私が小学生くらいの時に映画化していた作品だったのですが、死について書かれた小説でした。小学生の頃、私は人が死んだらどうなるのだろう?意識や、今までの思い出も忘れちゃうのかなと、寝る前に考えてしまい怖くなって眠れなくなる時がありました。でも、その時にこの小説の映画化がTVのCMで流れていて小学生ながらにして、(この小説読んでみたいなあ…)と思いました。そして、高校生になって今回の本の紹介の宿題が出たので、これを機会にこの本を読みました。
 内容は、主人公のまいが学校で人間関係のもつれで学校へ行けなくなり、日本に住んでいるイギリス人のおばあちゃんの所へ二週間療養をしにいく話です。まいは最初、学校に行けなくなった自分に対して周りをガッカリさせてしまったと思いました。しかし、おばあちゃんはまいに対して優しく暖かく迎えてくれました。おばあちゃんはまいに余裕が足りない事に気づき、「魔女修行」を始めました。
 魔女にとって大事な事は何事も必ず自分で決める。あと、周りに振り回されて動揺しない事です。まいは花を育てたり、おばあちゃんから自分の好きな空間を貰ったりしましたが、嫌なことも沢山ありました。まず、向かいにすんでいるガサツなイメージのゲンジさん。この人は畑を手伝ってくれたりするのですが、ぶっきらぼうでまいの事を「学校を怠けて遊んでいる子」と言ってきます。話の中でまいが1番に大っ嫌いな人です。そして、ある晩におばあちゃんが飼っている鶏が動物に荒らされたことです。まいにとってはとてもショックな映像でもありました。こんな事を乗り越えながら、まいはある晩におばあちゃんに「死んだらどうなるの?」と聞きました。おばあちゃんはこの質問に対して、
 「人は魂と身体でできている、だから死んだら魂が身体からはなれてただ自由にいるって事だよ。」と言っていました。私は、死ぬって事は色んな考え方があると思います。だから、このおばあちゃんの考え方にはあまり感動はしませんでしたが、おばあちゃんはまいに
 「もし、おばあちゃんが死んだら死後を教えてあげる。」と言っていました。私もこの発言は少し意味がわからなかったのですが、小説の最後のページでは二年後まいがおばあちゃんから離れ、中学生になった様子が描かれていました。それで授業中にお母さんから、おばあちゃんが危篤と伝えられ四時間かけておばあちゃんの家へ行き、ゲンジさんが泣きながらまいにおばあちゃんに供えてあげてと、銀龍草を渡してきました。その時初めてまいは嫌悪感なしに接する事ができました。そして、ゲンジさんから銀龍草を貰った後リビングに戻るとさっきまで無かったハズなのに窓ガラスには
 「ニシノマジョ カラ ヒガシノマジョヘ
  オバアチャン ノ タマシイ、 ダッシュツ、 ダイセイコウ」
 と書かれていました。
 まいは、おばあちゃんあの約束覚えていてくれたんだと気づき小さな声で「おばあちゃん、大好き」と言い、まいは泣きました。
 私はこの小説を読んで、死ぬことばっかりに囚われずに今の生きるという事が大事なのかもしれないなあと、思いました。おばあちゃんはまいに、友達と上手くやれるように「魔女修行」をさせたのだと思いました。


学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -