ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

〇1174『国鉄処分』〇

『国鉄処分』

著者名:鎌田慧 出版社:講談社 文責 美術 木村顕彦

 国鉄は、昭和62年にJRとして生まれ変わり(民営化され)、今日に至る。
 加えて、青森県に住む私にとっては、昭和の終わりになってから青函トンネルが開通したという記憶が強い。
 昭和から平成の転換期、鉄道をめぐる状況は大きく変化した。
 が、実感として国鉄からJRになってなにが変わったかを、昭和56年生まれの私は知らなかった。大体にして、鉄道を民営化、となるとそれは私鉄とどこが違うのか?という間抜けな疑問まで頭に浮かぶ。
 さて、そんな風な認識しかなく、普段何気なくJRを利用している私が、今さらながら本書に出会った。ちなみに私が読んだのは文庫版の『国鉄処分』(1989年・刊)だが、単行本は『全記録 国鉄処分』(1986年・柘植書房刊)だ。1986年、つまり昭和61年に
単行本が書かれたということは、実質、国鉄からJRにかわる前に本書は書かれたことになる。著者の鎌田慧の対応と着眼点の素早さに感服してしまう。告発の意味も込めて、民営化の前に鎌田は本書を世に送りたかったのだろう。
 私にしてみたら、そもそも本書タイトルの「国鉄処分」なる言葉さえも知らなかった。「国鉄(のなにか)を処分した」話なのか「国鉄が(なにかを、誰かを)処分した」話なのかもわからなかった。答えは後者。国鉄がJRになる時に、多くの社員が不当な解雇処分を受けたという事実だ。本書(文庫)の裏表紙には「四万人の希望退職者と百人以上の自殺者を出した労働現場の素顔」という言葉が見える。
 この国のかたちが、おぼろげながら見えてくる。これまで、何度かこの国がやってきた、労働者をあざむくパターンが、見えてくる。

 
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -