ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

〇1190『ちひろBOX2 世界の絵本画家たち』〇

『ちひろBOX2 世界の絵本画家たち』
著者名:ちひろ美術館・編 出版社:講談社 文責 美術 木村顕彦

 本書は、日本と世界の絵本画家の小さな画集である。
 絵本画家のいわさきちひろからとったであろう『ちひろBOX』というタイトルの本書だが、いわさきちひろの画はほんの一部だ。ではなぜ『ちひろBOX』かというと、本書収録の画は全て、長野県にある安曇野ちひろ美術館のコレクションだからだ。ちひろ美術館というから、てっきりいわさきちひろの個人美術館かと思っていたが、どうやらそうではないらしい。彩り豊かな世界各国の絵本画家による26500点の原画(そのうち、ちひろの原画は9400点余り)が安曇野ちひろ美術館は所蔵しているらしい。そして、それらのコレクションのうち、26カ国98人の約300点を紹介しているのが本書というわけだ。私のお気に入り、初めて知る画家は絵本『ジョットという名の少年 羊がかなえてくれた夢』のビンバ・ランドマン。モノクロもカラーも美しいフセイン・ジャマアーン。
 デビッド・マッキーの絵にあるカラフルな象の絵は、自宅のマグカップで見慣れた絵柄だと気付く。どうやらその象は『エルマーとカンガルー』のシリーズで人気なキャラクターだと今さらながら知る。
 加えて、エロール・ルカインやエリック・カール、初山滋や荒井良二らの作品も当然収録されており、私を魅了する。
 最後に、巻末にある「コレクションの成り立ち」と題された松本猛(いわさきちひろの息子・安曇野ちひろ美術館館長)の文章を紹介したい。そこのは次のようにある。「いわさきちひろの作品をきちんと保存し、公開しようと考えたとき、日本にはそれを受け入れてくれる美術館はどこにもありませんでした。絵本作家の作品を美術作品として残していくたあめには、美術館を自力でつくる以外に方法はありませんでした。」その時の松本猛の想いが、絵本美術館の先駆けとなり、さらには世界各国の絵本画家の原画を集め(原画が集まり?)たのだからすごい。ちひろは50歳代で早世したが、立派な息子がその志を継いでいるという姿を見ると、芸術というものの深さを改めて感じてしまう一冊だ。


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -