ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

〇1232『淡々と生きる』〇

『淡々と生きる』
著者名:小林正観 出版社:風雲舎 文責 美術 木村顕彦

小林正観(1948-2011)。
 感謝すること。思いを持たず、おまかせで生きていくこと。愚痴泣き言をいわないこと。小林正観は、著書を通じてそれらを繰り返し繰り返し伝えた。
 小林には多くの著作があるが、本書で特徴的なのは、多くの著名人の人名が登場することだ。列挙すれば、手塚治虫、千利休、空海、高橋信次、天皇陛下、坂本竜馬、正岡子規、サイババ・・・。彼らの功績、生き様を踏まえて、小林なりの人生観が展開する。
 中でも、千利休についての記述を私は面白く読んだ。本書では、千利休の茶道に対する想いが、豊臣秀吉には理解できなかったという有名な逸話が、小林の文章によって綴られている。それを読むと、そういうことって、現在でもあるよな、と思ってしまう。有名な企業の社長でも、まるっきり文化に対して興味がなく、服装が悪趣味丸出しの人がいたり。そしてそういう人は文化に対するコンプレックスが心のどこかにあって、自分でわかりもしない絵画や骨董品を無理にコレクションする。でもその収集品がどこまでも悪趣味だったりして。そう考えると、人は桃山時代と何も変わってないのかもしれないとも思えてくる。
 もう一つ、私がおっと思って読んだ箇所がある。それは「健康になると、物を買う時間が短くなるのです。うつの状態だと、なかなか買えない、なかなか決められない。」という記述だ。言われてみると確かにそうだ。まあ、もし健康でなくなった時は仕方ないとしても、「物を買う時間」が健康のバロメーターであることは、知っていて損ではない情報であろう。
 その他、死を前にした小林が出会った天皇陛下の言葉や正岡子規の言葉に関するエピソードも、濃い内容だ。ぜひ実際に読んでいただきたい。 



最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -