ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

〇1266『超合金の男-村上克司伝-』〇

『超合金の男-村上克司伝-』
著者名:小野塚謙太 出版社:アスキー・メディアワークス 文責 美術 木村顕彦


 本書は、アスキー新書の1冊である。何から書き始めていいかわからないので、とりあえず本書見返しにある紹介文からの引用をする。
 「一介の玩具開発マンからスタートし、70年代・80年代のキャラクタービジネス界に多大な影響を与えてきたプロダクト・デザイナー、村上克司。企業の中にいたがゆえに見えづらかった“天才”の素顔を、彼が開発した代表的傑作玩具『超合金』をキーワードにしながら、時代ごと作品ごとに描きだす渾身のドキュメンタリー。」
 ・・・非常によくまとまった、完璧な紹介文である。これに加えて私が駄文による書評をする必要もないくらい、本書の特徴を簡潔に捉えた文章だ。
 そう、すごいプロダクト・デザイナーがいるのだ。では、先に引用した「70年代・80年代のキャラクタービジネス界」とは一体何を指すのか。・・・それは、テレビでのスーパー戦隊シリーズや、ロボットアニメのことである。
 あまりにもオタク的な記述は避けたいので、端的に述べる。
 テレビ放送で世の男子を虜にしたスーパー戦隊シリーズ第4作の『電子戦隊デンジマン』。そこから第20作の『激走戦隊カーレンジャー』までのヒーローデザインをしたのは、村上克司という、バンダイ社内のプロダクト・デザイナーだったというのだ!
 戦隊シリーズの元祖『ゴレンジャー』の原作を手掛けていたのが漫画家・石ノ森章太郎だということは有名だ。だがそれ以降のヒーロー戦隊は誰がつくり出しているのか?かたちがある限り、それをデザインした人物がいるはずだ。だが、その人物の名前はなかなか表に出てこない・・・ずっと昔から私はその事が気になっていた(よっぽどのヒマ人だからか)。だが本書を読み、その謎が解けた。
 それだけではない。村上は玩具のデザインまで手掛けている。本書で紹介されているその仕事量に、ただただ驚く。


学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -