ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

〇1317『津波と原発』〇

『津波と原発』
著者名:佐野眞一 出版社:講談社 文責 美術 木村顕彦

 ノンフィクション作家・佐野眞一が、東日本大震災後の岩手、宮城、福島に向かった。
 その記録と、そもそもなぜ福島県に原子力発電所が建設されたのかという経緯を記したのが本書である。
 本書刊行は2011年6月。震災からわずか3ヶ月の間に被災地に向かい、そしてその取材内容を一冊の本にまとめた佐野の行動力に、まず驚く。
 さて、本書の中で、私が強い衝撃を受けた内容(言葉)が二点ある。
 まず一点。それは日本共産党元文化部長の山下文男氏が、岩手で津波被害に遭い、自衛隊の人たちに助けられた時のことを語った言葉だ。
 「僕はこれまでずっと自衛隊は憲法違反だと言い続けてきたが、今度ほど自衛隊を有り難いと思ったことはなかった。国として、国土防衛隊のような組織が必要だということがしみじみわかった。」
 もう一点。それは、福島第一原発事故直後(3月12日の朝)に、福島県警の通信部隊の一人が、福島の酪農家・吉沢氏に言った言葉だ。
 「国はデータを隠している。もうここにいない方がいいですよ。」
 また、巻末あとがきには政治学者・原武史とジャーナリスト・森達也との対談も一部掲載されている。
 取材・論考・対談。三つの角度から「津波と原発」を捉えた一冊である。
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -