ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

〇1441『現代美術第14巻 ラウシェンバーグ』〇

『現代美術第14巻 ラウシェンバーグ』
著者名:ラウシェンバーグ 出版社:講談社 
文責 美術 木村顕彦 


 本書は、講談社刊の現代美術全集の中の一冊である。ロバート・ラウシェンバーグ。画家、でもなく、彫刻家、でもなく。彼自身、「コンバイン」と呼んだ混合技法により、圧倒的な存在感を示した作品を世に送り出した人物だ。代表作は床に置かれた抽象画の上に山羊の剥製を乗せた「モノグラム」(1955-59)。ベッドに着彩して、そのまま絵画のように提示した「ベッド」(1955年)。タイヤにインクつけて転がし、紙に跡を転写した「自動車のタイヤによるプリント」(1953年)。などなど。どれも、文字で説明しただけでは「そんなの誰でもつくれるでしょ」と言われそうな作品群だが、そこは本書をめくって見ていただきたい。語弊を恐れずに言えば「かっこいい」作品群である。
 中でも、衝撃的な作品は「消されたデ・クーニング」(1953年)だ。「デ・クーニング」という(すでに名声を得ていた)有名な画家の画の「実物」を、ラウシェンバーグが「消しゴム」で「消す」。それを「消されたデ・クーニング」というタイトルで、ラウシェンバーグ作品として発表したわけである。本気でなければできない所業だ。
 と、ここまで書いてきて、紹介した作品の制作年に「1953年」「1955年」というのが目立つ。年譜によると、その年、ラウシェンバーグは28歳から30歳。・・・やはり、巨匠はこのあたりの年代からすでに大きな仕事をするのか、と圧倒されてしまう。

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30