ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

〇1480『全日本食の方言地図』〇

『全日本食の方言地図』
著者名:野瀬泰申 出版社:日本経済新聞社 
文責 国語 坂本幸博

 地方によって味の好み、食文化の違いがあるはよく知られている。一般的に、東日本は濃い味を好み、西日本は薄い味を好むとされている。しかし、そうした基本的な部分以外にも地方によって、さまざまな特徴がある。
 当該図書の表紙には「あなたは天ぷらにソースをかけて食べますか」「納豆に砂糖を入れますか」「茶碗蒸しには砂糖が入っていますか、また栗の甘露煮は入りますか」といった質問項目が記されている。私は、天ぷらの種類によってはソースをかける(かぼちゃやピーマン)が、基本的には醤油である。納豆に砂糖は入れないが、お隣の秋田県では入れて食べている様子を直に見たことがある。茶碗蒸しは砂糖で甘く味付けされており、「当然」栗の甘露煮も入っている。
 上記の内容は、青森県でのことであり、他の地方に行くとそうではないことに驚かされる。茶碗蒸しは出汁で味付けがされており、非常に汁気が多く、箸で食べることが難しい。卵焼きも出汁で味付けがされており、甘くないので一瞬ぎょっとしてしまう。しかし、他の地域の人から見れば、甘い茶碗蒸しや卵焼きにぎょっとするのである。
 カツ丼は、何も考えずに注文すると、地域によって全く異なったものが出てくる。卵でとじられたカツがご飯に乗せられて出てくるもの、ソースに浸されたカツがご飯に乗せられて出てくるもの、味の付いていないトンカツがご飯に乗せられており、好みの調味料をかけるものなどである。ちなみに、青森県では「ウニ丼」においてこのような問題が起こる。一般的にウニ丼といえば、生ウニが乗せられていて、それに醤油をかけて食べるイメージだが、八戸市ではウニ丼といえば、ウニが卵でとじられたものがご飯に乗せられて出てくる。わからずに注文してしまうと、食べたいと思ったものが、食べられないかも知れない。そうしたことを防ぐには、当該図書を繙いてみてはいかがだろうか。

  


最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -