ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1494『ドクター・ヘリオットの猫物語』○

 『ドクター・ヘリオットの猫物語』
著者名:ジェイムズ・ヘリオット 大熊栄訳 出版社:集英社 文責 国語 坂本幸博

 私は猫を飼っている。今の猫は雉トラの雄で、たぶん8歳である。たぶんといったのは、生まれたての小さい時に、家に入り込んできて、その時から八年間共に暮らしているからである。前に飼っていた三毛猫が死に、一ヶ月ほどたったある日、その雉トラが入り込んできて、いくら出してやろうとしても、みゃーみゃーと鳴いて、出て行こうとしなかった。三毛猫が死んでから日も浅く、気持ちの整理が付いていなかったので飼うことには躊躇したのだが、ひょっとすると死んだ三毛猫が「こごさ来ればめごがってもらえるにゃ」と呼んできたのではないかと考え、飼うことにしたのだった。
 私が帰ると、玄関まで出迎えに来る。二階に上がろうとすると、私の脇をすり抜け、階段を駆け上がり、二階で私が上がってくるのを待っている。家族にとっては見慣れた風景だが、訪問者がくるとその様子をみて驚き「まるで犬のようだ」と話す。前の三毛猫も懐いていたが、そこまでではなかった。今の雉トラはかなり珍しい猫なのだろうか。
 当該図書は、心温まる猫たちの話が十編まとめられている。最後の話では、まるで犬のような猫が登場する。その話の中でもそうした猫は珍しいとされているので、家の雉トラも珍しいのかと考えてしまう。しかし、犬はこういうもので、猫はこういうものだというレッテル自体が人間の勝手な思いこみではないかとも考えてしまう。人間にそれぞれ性格があるように、猫にもそれぞれに性格があってよい。「猫らしい猫」でも「犬のような猫」でも、ふれあうことで我々が癒されることには、何ら変わりがないのである。
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -