ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1519『アフリカで誕生した人類が日本人になるまで』○

 『アフリカで誕生した人類が日本人になるまで』
著者名:溝口優司 出版社:ソフトバンク新書 文責 理科 井上嘉名芽

 人類の誕生はミトコンドリアDNAの解析でアフリカから誕生したということは既に分かっている。では、どの様にして日本人は出現したのであろうか。日本列島へ、南方起源の縄文人が先に、北方起源の弥生人が後からやってきたのは、ほぼ確実だと言ってよい。大陸から渡来した弥生人が、もともと日本に住んでいた縄文人と混血しながら広がっていき、かなり置き換わったのに近い状態になったと本書では詳説している。また、なぜ弥生人の系統を強く現代人に受け継ぐようになったかというと、縄文人は狩猟採集民族であり弥生人は農耕民族であったことである。農耕による食糧の確保が確実になってからは弥生人の人口が爆発的に伸びたために、縄文人と弥生人の混血といえどだんだんと弥生人の系統が強くなってきたと考えられている。
 余談であるが本書には一重瞼と二重瞼について書かれていたので紹介する。
「実は、瞼が一重なのは、現代人の中では北アジア人と東アジア人だけなのです。ついでにいえば、霊長類全般、チンパンジーもゴリラもニホンザルも、みんな二重瞼です。なぜ、北アジア人と東アジア人は一重瞼かというと、瞼に脂肪がついているからで、これは眼球が凍ってしまうのを防ぐためだと考えられています。暖かな地域では、瞼に脂肪がある必要がないわけです。」
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -