ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1548『北井一夫写真集 三里塚』○

 『北井一夫写真集 三里塚』
著者名:北井一夫 出版社:のら社 文責 美術 木村顕彦

 北井一夫(1944-)。写真家。
 彼が、1969年から71年にかけて撮ったテーマがある。
 それが、三里塚。
 成田空港建設反対を訴えた、地元住民による運動だ。
 それは、運動というよりは、闘争だった。
 農民と機動隊の闘い。それは、土地と暮らしを守るための、国家権力に対する当然の抵抗だった。
 当時、多くの若者が三里塚に向かい、運動に加わった。
 写真家やジャーナリストも例外ではなかった。
 鎌田慧、小川紳介、三留理男、福島菊次郎、そして北井一夫・・・。
 彼ら表現者がその闘争を記録したからこそ、我々は過去のことを知ることができる。
 さて、北井一夫の撮影した三里塚シリーズは、本書がオリジナル版(1971年刊)である。
 ワイズ出版から2000年に復刻されたが、それも2014年現在では版元品切れの状態のようだ。
 ただし、『いつか見た風景』(冬青社・2012年)という、北井一夫の代表作を集めた写真集には三里塚シリーズの一部が収録されているので、そちらを見ていただいてもいいだろう。
 しかしながら、本書(オリジナル版)は、ハーフトーンが飛ばされ、明暗がくっきりとした仕上がりになっているのが大きな特徴だ。
 なんだか、幻を見ているような。そんな感じの写真だ。
 先述の、三留理男と福島菊次郎(共に写真家)が撮影した三里塚と、北井が撮ったそれとの違いも記したい。
 三留・福島の写真には、機動隊の姿が多いが、北井の写真は機動隊の姿よりも、地面に座る農民の姿が目立つ。
 同じ場所(三里塚)を撮っても、撮影者によっても違うし、さらにはプリントの仕方によって(本書と『いつか見た風景』を比べると)も見え方が変わる。そのことは大きな発見だった。
 写真史のみならず、日本の歴史の中で考えても最重要の一冊である。 
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -