ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1608『ドリーム仮面☆ぼくだけの家』○

『ドリーム仮面☆ぼくだけの家』
著者名:なかもとしげる 出版社:ビリケン出版 文責 美術 木村顕彦

 黒を基調としたカバー絵だが、絵柄は底抜けに明るい。
 本書は、狭い家に暮らす「たてるくん」が、夢の中でドリーム仮面に家を建ててもらうという、子ども向けの絵本だ。
 さて、著者・なかもとしげる(1951-)は、元々は漫画家である。彼は、中本繁の名前で1973年から『週刊少年ジャンプ』誌上に漫画版『ドリーム仮面』を連載する。
 漫画の連載は好評だったにもかかわらず、中本は自分から連載を降板し、しばらくしてから漫画界から姿を消す。
 漫画版『ドリーム仮面』は幻の名作として、2000年に単行本化の動きが起こるが、作者である中本はその当時行方不明。そんな状態のまま、漫画版『ドリーム仮面』(太田出版)は復刻される。そしてその復刻をきっかけにして、中本は発見される。結局彼は、いくつもの仕事を転々としたのち、建築関係の仕事をしながら生活をしていたのだった。
 その中本が、「なかもとしげる」として、絵本の形式で再び本書「ドリーム仮面」を描いた・・・。本書は2013年刊。少年ジャンプ連載開始から40年もの歳月が流れたことになる。
 絵柄は当時と変わっていない。加えて、絵本版のテーマは「家づくり」である。これは、長い沈黙期間に培った建築の仕事の経験によるものだろうと察すると、感動を禁じえない。
 以上のように、本書刊行に至るまでの経緯を列挙していくと、大げさかもしれないがこの一冊の絵本の重みがご理解いただけるはずだ。
 ・・・そして2014年。漫画版『ドリーム仮面』は、出版元を株式会社パルコにかえて、再び復刻される。
 中本繁の復活劇は、始まったばかり。大人にも、子どもにも、知っていただきたい一冊だ。
 
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -