ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○0179『狂牛病 食べていいものいけないもの』

『狂牛病 食べていいものいけないもの』
著者名:監修 松井宏夫 出版社:主婦と生活社 文責 かなめ 

 食肉される牛について、2001年10月18日から新しい狂牛病の検査体制である全頭検査が全国一斉に導入された。と畜された牛の延髄から採取された組織は、食品衛生検査所で一次検査(エライザ法)が行われる。ここで陽性になった牛の延髄組織は、帯広畜産大学の他全国4カ所の研究機関で二次検査(ウエスタン・ブロット法)を行い、異常プリオンだけを検出できる、より制度の高い方法で検査される。それでも陽性の場合は厚生労働省研究班で確定診断を行う。
 狂牛病の特定危険部位はSRM(Specific Risk Material)と呼ばれる。当初のSRMは、脳、脊髄、目玉、回腸の一部であったが、その後、SRMの範囲が少し広がる。背根神経節といって脊柱に含まれる神経、それに扁桃が追加された。これらを踏まえ現在では高校生物の実験に今まではあった、「牛の眼の解剖実験」が姿を消した。

最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -