ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1619『AKB48の戦略!秋元康の仕事術』○

 『AKB48の戦略!秋元康の仕事術』
著者名:秋元康・田原総一朗 出版社:アスコム 文責 美術 木村顕彦

 AKB48。
 そのアイドル集団のプロデュースをしている秋元康(1958-)。
 モノが売れない現代にありながらも、やることなすことがヒットにつながるこの超人の仕事術を知りたい人は多いだろう。
 そんな人たちに、本書はオススメ。
 本書は、ジャーナリスト・田原総一朗との対談形式で、秋元が自身の仕事術を語ったものである。
 巻中には、AKB48の高橋みなみと田原の「特別対談」も収録。・・・これもまた、AKBファンが本書を手に取るように考えた秋元の戦略か。
 ともあれ、本書の紹介に移ろう。
 秋元はよく、「脱・予定調和」と言う。それについて、本書では次のように補足をしているのが面白かった。
 「田原 予定調和を壊すと言う一方、秋元さんは奇をてらうのではダメだとも言う。
  秋元 奇をてらったり裏をかこうとすると、必ず『裏なんだ。裏なんだ。』と、反対向きのこれまた予定調和になっていくからです。     たとえば、『AKB48は清純なアイドルです。だから、奇をてらってストリップショーをやりましょう』と言っても、それは振り子     が正反対に振れるだけだから、すぐに想像できてしまう。」
 これは非常にわかりやすい説明だ。このことを念頭に入れて、考えて考えてようやく「脱・予定調和」が生まれるのであろう。秋元は本書で、重要なヒントを示している。
 また、私がおっと感じた記述がもう一つある。それは、「AKB総選挙」で選抜されなかった、順位が低すぎたと落ち込む子に対するケアにつての記述。以下、引用する。
 「落ち込む子もいます。昔なら『どうすればいいか、自分で考えなさい』と突き放したかもしれませんけど、最近はそうもいかず、専門の臨床心理士やスクールカウンセラーが何人かで体制を組み、話を聞くようにしています。」
 プロデューサーもアイドルも、ラクじゃない。AKB48のことは嫌いでも、本書のことは嫌いにならないでください!
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -