ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1671『自由とは、選び取ること』○

 『自由とは、選び取ること』
著者名:村上龍 出版社:青春出版社 文責 美術 木村顕彦

 本書は青春新書の一冊である。
 著者は、小説家・村上龍(1952-)。しかしながら、本書は小説ではない。読者からの人生相談に村上が答えるという内容だ。
 これがまた、そっけない答えが多い。身もフタもない答え、とも言えよう。
 そう言えば、小説家・森博嗣の書籍も、村上同様、身もフタもない記述が多い(例えば、以前この書評の場で紹介した『「やりがいのある仕事」という幻想』という森博嗣の著作、朝日新書)。人生に対するスタンスで言えば、村上と森はかなり似ているように感じる。
 では、そんなそっけない答えをする村上に、なぜ人は、相談をするのだろう?
 癒しではなく、渇が欲しいからか?信頼できる、叱ってくれる大人を求めてのことか?
 前後の文章を無視して、村上のいくつかの回答を紹介する。
 「それでは、社会主義革命を起こせば、この相談者3人の賃金は上がるでしょうか。社会主義革命が起きることは120%ありませんが、たとえ起こったとしても、主要な製造業は海外に逃げるので、失業者は今よりも増えて、国営となった企業の経営はたいてい破綻してしまうでしょう。」
 「立ちはだかる現実をテーマにして、『どうすればいいのでしょうか』という質問が来ることは、実は異常なことです。相談しても回答などないと、本当は誰もがどこかでわかっているはずです。」(・・・という記述が、本書のだいっぶ最初の方に書かれている。この記述を読んで、その後に書かれた回答を、どんな顔をして読んだら良いかわからなくなる。)
 「確実なのは、介護保険制度に変化がない限り、介護の仕事では収入の増加はあり得ないという残酷な現実です。」
 村上は、嘘を言わない。
 小説家は、嘘をつくのが仕事(フィクションをつくるという意味で)かと思っていたが村上は、違う。
 高校生くらいの年齢から読んでも、早くはない内容の一冊である。 
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -