ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1679『HOSONO百景 いつか夢に見た音の旅』○

 『HOSONO百景 いつか夢に見た音の旅』
著者名:細野晴臣(中矢俊一郎・編) 出版社:河出書房新社
文責 美術 木村顕彦

 まえがきには次のようにある。
 「この本に書かれたことは、『TRANSIT』誌の連載のために僕が気ままにしゃべったものだ。旅の雑誌ということもあり、一回ごとに世界の地域やカルチャーがテーマだったりする。」
 著者は、はっぴいえんどやYMOのメンバーとして日本の音楽シーンをリードし続けてきたミュージシャン・細野晴臣(1947-)。彼が語った内容を中矢俊一郎(『TRANSIT』編集者)がまとめたのが本書である。内容については、冒頭で引用した通りだ。
 まず、細野が出会い、手掛けた音楽の多くが紹介されている。カントリー、フォーク、サーフ・ミュージック、サイケデリック・ミュージック・・・。どれも、レコードジャケットの写真入りで綴られているのだが、あまりに多岐に渡ったラインナップのためか、私には極めて少ししか内容を知りえなかった(松田聖子、小泉今日子、レディー・ガガとか)。
 そんな風な音楽についての記述よりも、私が細野の著作でいつも注目するのは宇宙やUFO、霊地というような、いわゆるアヤシイことに関するそれだ。
 本書にもある。
 「(略)『視聴覚』という言葉は米国占領軍の頭脳集団だったと思われるメイソン発。つまり、メイソンは、自由、平等、博愛、メディア、エネルギー・・・そういうことについて考え通した人たちなんだ。でも、これはすべて聞きかじりの話。」
 「それから、宇宙人にしょっちゅう会っていたという亡くなった友人は、等々力あたりを走るバスに乗っていたとき、隣に座った女性に『細野さんによろしく』と言われたらしい。(略)また別の日に、デーブ・スペクター似のガイジンに声をかけられて、やっぱり同じことを言われたり、僕と友人のことを何でも知っていたとかで・・・。」
 細野の音楽ファンも、そうでない人も、好奇心旺盛な方(?)にもオススメな一冊だ。
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -