ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1708『常識にとらわれない100の講義』○

 『常識にとらわれない100の講義』
著者名:森博嗣 出版社:大和書房 文責 美術 木村顕彦

 某国立大学の准教授でもあった作家・森博嗣(1957-)。
 彼が日頃の生活から感じた短い100のセンテンスについて、一つにつき2ページずつ書かれたのが本書だ。
 タイトルからもわかるとおり、常識にとらわれない考えが並ぶ。
 目からウロコのものもあるし、彼のあまりにも合理的すぎる考えについて行けないと感じることもある。だが、書かれている内容はどれもが至極真っ当だ。
 特に「人の主張の大半は『これが正しい』ではなく『こうあってほしい』である。」という一文が秀逸だ。
 このような考えは、確か、村上龍も著書の中で書いていたように記憶している。そういう点では、森博嗣も村上龍も、大人のお手本のような考えを持っていると言えよう。
 先に述べた、彼の合理的な考えというのは、「もう他者と直接直接会う必要はないのではないか。」といった考えや年賀状に対する意見、メールを使わない商売に対しての手厳しい指摘などからひしひしと伝わってくる。それらの考えは、時代遅れの人間である私からすると脅威を感じるほどだが、そう言っている時点で「常識にとらわれている」ということなのだろう。
 加えて「『どうしてこんなに安いの?』と思うことが多くなった。」の章に書かれた「苦労をかけたものは高い、という理屈がアマなのである。(略)消費者にとっては、生産の苦労というものは、商品の価値には無関係なのである。」という一文が、厳しさにとどめを刺す。
 ・・・良薬口に苦し。良書耳に痛し(目に痛し?)。
 大人にはわざわざ誰も言ってくれないような助言や新たな視点を与えてくれる一冊である。
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -