ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1730『子うさぎましろのお話』○

 『子うさぎましろのお話』
著者名:文・佐々木たづ 絵・三好碩也
出版社:ポプラ社 文責:地歴公民 加藤真之

 2014年のクリスマスイブを、皆さんはどう過ごされたでしょうか。本来、クリスマスを祝う習慣は日本にはなかったものですが、今ではすっかり日本人の生活に溶け込んでいるように思えます。その在り方には賛否両論あります。翌日のキリストの誕生は喜ばしいことなのだから、そのお祝いとしてイブは楽しく時間を過ごすことができればいいと考える人もいます。その反対に、キリストの誕生を待つという本来的な意味において、厳かに過ごすべき時間だとする人もいるのです。どちらが正しいとか間違っているとか、私見とはいえここではあえて結論づけることはしたくありません。どのような態度で過ごすのかはさておき、私はクリスマスイブを、家族みんなが集まって時間を共有するよい機会だととらえています。
 家族みんなが集まる機会に、ささやかなプレゼントを交換し合うのは楽しいものです。そのとき相手が何を必要としているのか、普段の生活の様子を観察しながら考えておき、相手の喜ぶ顔を思い描きつつプレゼントを選ぶのは、私にとってさらに楽しい時間です。一方、プレゼントされるものに関しては、相手が私のことを少しでも思い遣って準備してくれたものであれば、それだけで嬉しいものです。しかし相手の思い遣りをうまくくみ取ることができない場合があるとしたらどうでしょうか。例えば幼い子どもにプレゼントをあげるような場合がそれにあたります。幼い心はプレゼントをくれた相手への思い遣りにどう応えてよいかまだ分からずに、欲しいものでなければ受け取りを拒否してしまうこともあるでしょう。あるいはお菓子などの消費する類のものなら、もう少し、もっともっとと、他の子に分けるはずの分を欲しがったりすることもあるでしょう。物事の分別がつく年になってから、過去の自分のこんな行為について大人たちに聞かされたらどうでしょう。子どもの頃のことではありながら、きっと恥ずかしく思うに違いありません。『子うさぎましろのお話』は、プレゼントをくれた相手に対し、思い遣りに欠けた嘘をついてしまった子うさぎましろの、心の成長を美しく描きあげた物語です。
 ましろはサンタ=クロースのおじいさんから、お菓子と部屋にかけるきれいな飾りをもらいました。お菓子をぺろりと平らげてしまうと、もっとプレゼントをもらいたいと考えました。そこで囲炉裏の燃えがらから取り出した炭を自分の体にこすりつけ、白い体を黒く汚します。白うさぎから別な黒うさぎの子になりすまし、クリスマスのプレゼントを二度手に入れるため、サンタ=クロースのおじいさんをあざむこうと画策するのです。そして、世界中の子どもたちにひと通りプレゼントを渡し終え、ようやく帰って来たサンタ=クロースのおじいさんから、首尾よく二度目のプレゼントをもらうことができたのです。作戦は成功したかに見えました。しかし、ましろは取り返しのつかない事態に陥ります。この事態がどんなものであり、物語がどのように展開していくのかは、ぜひ本書を読んで確認していただきたいと思います。
 この物語を読んで私が最も感心させられたのは、サンタ=クロースのおじいさんの態度です。おじいさんは、まだプレゼントをもらっていないと主張する黒いうさぎの子がましろだと、すぐに事実を見抜きます。一度は「ましろだね」と指摘したものの、ましろが違うよと答えると、それ以上の詮索はしません。黒いうさぎの子の言葉を受け入れ、たまたま残っていた何かの種と、自分が食べるためのサンドイッチを差し出すのです。ましろのために、嘘は嘘として糾弾することもできたはずです。そしてその場で罪を認めさせ、悪いことは悪いと教えることだってできたはずです。ではなぜそうしなかったのか。サンタ=クロースのおじいさんはましろの過ちを、ましろ自身に気付かせてあげたかったのではないかと思うのです。過ちの気付き方は、人によって様々です。もしかしたら嘘に味をしめ、さらに嘘をつき続ける場合があるかもしれません。しかし、それは私のような凡人の考えることなのでしょう。おじいさんは嘘がもたらす負の効果が、嘘をついた本人に必ず返って来ることを知っているのです。だからこそ、その後もましろの言うことをすべて信じ、受け入れてくれるのです。案の定、ましろは自分の愚かさに自分の力で気付くことが出来ます。それをサンタ=クロースのおじいさんへの謝罪などで終わらせず、もっと崇高な行いによって自分を高めていくことに結び付けて行くのです。クリスマスの夜、ぜひご家族で味わっていただきたい、深い深い愛情と気付きに満ちた物語です。
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -