ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1735『宮崎進の仕事Ⅱ イメージと造形』○

 『宮崎進の仕事Ⅱ イメージと造形』
著者名:宮崎進 出版社:生活の友社 文責 美術 木村顕彦

 宮崎進(1922-)。画家、美術家。
 本書は、宮崎進の作品集。
 作品集Ⅱに当たる本書では、1990年代から2000年代前半の、比較的近年の宮崎の作品が紹介されている。
 本書収録作品の多くは、宮崎の、過去の過酷な体験が基につくられている。
 その体験とは、第二次大戦後のシベリア抑留体験だ。
 といっても、その体験を基につくられた作品は、シベリアの風景を思い出して描いた風景画、といった類いのものではない。
 何と説明したらよいだろう。木材、石膏、ジュートを用いてつくられた人型の彫刻や、人体や頭部を描いた油彩画(それもまた、ただのキャンバスに描かれたものではなく、物質性の強いジュートを画面上に貼り合わせた上に描かれているものが多い)。とにかく、シベリアという説明や言葉が前面に出ているものではないが、過酷な状況下の人間の姿であることはすぐに伝わってくる作品群だ。
 さて、シベリア抑留体験をした芸術家といって、すぐに思い出すのは画家・香月泰男であろう。
 香月は、油彩画による「シベリア・シリーズ」という、日本の洋画壇史上類い稀な仕事を残した。
 香月の仕事を意識してか、宮崎は当初、自身のシベリア抑留体験を作品として残すことはしていなかった。
 それが、何を契機としたのか、それまでキャンバスに油彩画を描いていた宮崎の仕事が、突如変貌する。本書に収録されているような、一連の彫刻や平面作品の誕生である。 
 本書に触れてから、宮崎の初期の作品を見てみるのも面白いかもしれない。薄手で、展覧会図録のような造本ながら、中身は重厚な作品群が掲載されている一冊だ。
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -