ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1787『アルテマイスターと山田節子の仕事 「新しい祈りのかたち」を創る』○

 『アルテマイスターと山田節子の仕事
「新しい祈りのかたち」を創る』
著者名:渡辺直子 出版社:繊研新聞社 文責 美術 木村顕彦

 「アルテマイスターと山田節子の仕事」と急に言われても、「何?」「誰?」という感じだろう。
 本書タイトルにある「アルテマイスター」は、「福島・会津若松」にある「創業100年を超える老舗の仏壇・仏具メーカー」(本書より)のこと。
 そして山田節子(1943-)は「銀座の一流百貨店『松屋』のコーディネーターとして日本の伝統品を現代に生かす仕事を何十年にわたって手がけている」(本書より)人物だ。
 社員700人を抱える職人企業アルテマイスターは、1990年代ころからの人々のライフスタイルの変化(仏壇に対する意識の変化)を受け、苦戦を強いられていた。
 そんな地方の仏壇・仏具メーカーが、コーディネーター山田節子と協力し、「新しい祈りのかたち」を世の中に提示して再生の兆しを見せるまでの軌跡を一冊にまとめたのが本書である。
 「何か新しい挑戦をしない限り、『アルテマイスター』に限らず、伝統産業はコストの安い海外に生産が移行し、崩壊していく。未来につながる仕事を創り出せなければ、職人たちの技量は失われ、後継者の育成など考えられないのだ。」
 「従業員の善意と協力を仰ぎながら経営を守ってきたこの10年だったが、業績回復の見込みのないまま、これ以上何の手も打たずにズルズルと今までどおりの経営を続けていくことはもうできないところへ来ていた。このとき経営陣は、財務、人事、戦略、流通、商品すべての要素にメスを入れて、同社を、次の100年を生き延びられる企業へと建て直す必要に迫られていたのだ。」
 そんな中で行なわれた改革。
 山田は、「厨子」を「新しい祈りのかたち」として提示することを思い立つ。
 そして山田のアイデアは、彼女と交流のあるインテリアデザイナー・内田繁、そして陶芸家・伊藤慶二や漆工芸家・藤野征一郎はじめとするアーティストたちとアルテマイスターの職人たちが具現化していった。
 それぞれのアーティストによる厨子は、カラー写真図版にて紹介。それを見ると、伝統仏壇とは異なる「新しい祈りのかたち」を、確かに感じていただけるはずだ。
 危機的な情況の中で、人はどう再生していけるのか?そのためのヒントを与えてくれる一冊だ。
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -