ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1860『岡本太郎と日本の祭り』○

『岡本太郎と日本の祭り』
著者名:川崎市岡本太郎美術館・編
出版社:二玄社 文責 美術 木村顕彦


 岡本太郎(1911-1996)。『太陽の塔』で知られる芸術家。
 彼は、民俗学にも造詣が深く、日本各地の祭りを巡った。本書は、彼が出会い、撮影をした日本各地の祭りや踊り、そして民間信仰にまつわる写真群と、文章がまとめられている。
 まず、パラパラとページをめくっていると、「一野渡」という、聞き慣れた地名が目につく。
 私が住む青森県弘前市には一野渡という地がある。それと同じ地名の場所に伝わる祭りを紹介しているのかと思い、読み進めると、なんとそれは弘前市の一野渡のことだった!
 「一野渡の獅子踊り」・・・1962年に、あの岡本太郎が、獅子踊りを撮影していたとは。・・・しかも、私は本書によって一野渡の獅子踊りの存在を知った。永年、弘前市に住んでいながら、なんともお恥ずかしい。それとともに、地元民さえも知らない踊りに対してまでアンテナを張る岡本太郎の貪欲さに驚く(その他、青森県では恐山、川倉地蔵尊など、多数の地を訪れ、写真と文章を残している)。
 本書は東北、甲信越、近畿、中国・四国、沖縄と章立てされており、東日本に住む私には馴染みのない祭りの存在も知ることができた(例えば、鞍馬の火祭りや壬生の花田植えなど)。
 岡本太郎の、新たな一面。そしてまた、日本に対する再発見に通じる一冊だ。イラストレーター・みうらじゅんによる、ふざけた寄稿文も面白いのでぜひご一読を。
 
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30