ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1869『消えたマンガ家 アッパー系』○

『消えたマンガ家 アッパー系』
著者名:大泉実成 出版社:新潮社 文責 美術 木村顕彦

 本書は新潮OH!文庫の一冊である。シリーズ「アッパー系」、「ダウナー系」とあり、本書は前者に当たる。
 複数名のマンガ家についての取材、またはインタビューの記録が本書の内容だ。
 ただし、複数名のマンガ家、といってもラインナップは異様だ。
 とりいかずよし、ふくしま政美、山本鈴美香、美内すずえ、黒田みのる、徳南晴一郎、竹内寛行。そして巻末にはボーナストラックとして「鳥山明はエホバの証人だった!?」と題された章が書かれている。・・・現在、表舞台から姿を消し、マンガを描いていない「消えたマンガ家」に焦点を当てた一冊である。
 通読して感じるのは、それぞれのマンガ家が、作品を描かなくなり、表舞台から消えていった事情についてだ。
 ギャグマンガを描き続けるテンションを保ち切れなかった者。時代を先取りしすぎて、発表当時の読者から支持を集められなかった者。・・・そして、(これは本書本巻に特に多いのだが)新興宗教の世界に入ってしまう者。というか、マンガ家自身が教祖になってしまう者。
 大泉実成(1961-)という著者自身、略歴に「宗教問題に強いノンフィクション・ライター」とあるように、その点(宗教問題)についての取材は徹底されており、本書の見所のひとつになっている。
 また、先述のふくしま政美、徳南晴一郎については、本書が再評価のきっかけをつくったと言っても過言ではないだろう。時代を先取りしすぎた彼らについては、本書刊行後に復刻版が発売され、新たなファンを獲得していることを追記したい。
 ちなみに、いま挙げた徳南晴一郎は、『人間時計』というシュールな作品を昭和30年代に発表したマンガ家である。彼のその後の人生を取材した章は特に圧巻。ぜひご一読を。
 
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -