ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1885『孤独の価値』○

 『孤独の価値』
著者名:森博嗣 出版社:幻冬舎 文責 美術 木村顕彦

 本書は幻冬舎新書の一冊である。
 テーマは、タイトルからもわかるとおり、孤独・・・の、価値。
 まず本書「まえがき」において著者の森博嗣は、「この本で僕が書きたいことは『孤独というものは、それほど酷い状況ではない』ということ。」と明言している。
 「孤独というものは、それほど酷い状況ではない」。そう最初から感じている人にとってみると、本書はあらためて読む必要はないかもしれない。
 だが、「孤独」から派生して、その他の事象に話が及ぶ箇所があり、それが面白い。
 その一例として挙げたいのは、「孤独を美に変換する方法」だ。
 そこには、高校で美術を教える立場の私にとって心強い、ある考えが書かれている。それは次のような記述だ。
 「『創作』的な活動が、人間の仕事に増える割合は、これからもどんどん増え続けるはずだ。(改行)したがって、芸術なんで無縁だという人であっても、これからは、それでは食べていけなくなりますよ、とアドバイスができると思う。」
 つまり、・・・芸術をしていては食べていけない、ではなくその逆の時代が来ていると著者は書いているのだ!
 その他、次の記述も印象深かった。
 「現代の美は、デコレーションが美だと認識していた昔の人間の目には、明らかに『寂しい』ものに映るだろう。」
 「貧しさと孤独を混同している人は多いが、実はまるで違う。孤独という悩みは、生存の確保の上にある、もっと贅沢な感覚と言えるものだ。」
 私自身は、本書に書かれているような考えを、地で行くような生き方をしているので、全く抵抗なく本書を読むことができた。・・・というか、自分の考えを改めて確認するような感覚で読んだ(孤独を、いちいち辛いものとして捉えていたら、暗くなってしょうがない)。私のように読む方もおられるかもしれないし、反面、目からウロコの内容、として読む方もおられるかもしれない。読みやすい一冊だ。
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -