ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1914『リアリズム絵画入門』○

 『リアリズム絵画入門』
著者名:野田弘志 出版社:芸術新聞社 文責 美術 木村顕彦

 本書著者は野田弘志(1936-)。画家。写実絵画の第一人者である。
 その彼による『リアリズム絵画入門』というタイトルの書籍ならば多くの人は、リアリズム絵画の描き方を指南した技法書を想像するかもしれない。だが実際はそうではない。
 野田が考えるリアリズム観を文章にし、写真図版を収録させながら一冊にまとめたものである。
 まず、通読して、強く印象に残った箇所があった。
 それは、北海道伊達市にある「野田・永山塾」(註・野田弘志と、その弟子の永山優子による絵画塾のこと)に通う、柴山あかりさんという女の子の鉛筆デッサン写真図版とそれに関する文章だ。
 本書によると、柴山さんは2009年度時点で小学校6年生とある。しかしながら、そこに掲載されている彼女の鉛筆デッサンは、大人顔負けのものだ。まあ、うまい。・・・だが実は、驚いたのはそのデッサン力よりもそこに添えられた文章だ。そこには次のようにある。
 「今年で受講三年目になり、三枚目の作品です。塾では、だいたい一枚描くのに一年をかけています。」
 一枚描くのに一年!・・・くどいようだが、掲載されている柴山さんの絵は、鉛筆デッサンだ。画用紙のサイズはB2サイズほど。別段大きいわけでもない、一般的なサイズだ。
 それを、一年かけて、小学校6年生の女の子が根気強く仕上げていくということは、大変なことである(言うまでもないことだが、美術の授業で、やる気のない生徒が一年でたった一枚しか作品を完成させられなかった、というのとはわけが違う)。
 また、「第9章 存在の神聖を視るために」と題された章では、野田の生き様や考えが特に凝縮されており、読み応えがある。
 リアリズム絵画に興味がある方は、ぜひご一読を。 
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30