ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1940『ぐるんぱのようちえん』○

『ぐるんぱのようちえん』
著者名:西内ミナミ(作)堀内誠一(絵) 出版社:福音館書店
文責 美術 木村顕彦

 本書は、福音館書店の「こどものとも傑作集」の一冊だ。
 いわゆるロングセラーの絵本。しかしながら私がその存在を知ったのはつい最近のことだ。
 絵を担当しているのは、グラフィックデザイナーの堀内誠一(1932-1887)。カラフルな色彩と、のびのびとした筆触が魅力的だ。
 長きにわたって支持されている絵本というのは、深読みしようとすればいくらでも深読みが可能だ。
 特に私のように、大人になってから初めてそれを読んだ者ならばなおさらだ。
 ぐるんぱという象が、様々な仕事に就くがなかなかうまくいかず、途方に暮れる。だが、ある出会いによって、それまで失敗だと思っていたものがすべて役に立つという内容の本書。失敗を繰り返しても無駄な事はひとつもないというメッセージを読み取れる。
 加えて、それ以外に私が注目したのは冒頭部分だ。
 「ひとりぼっちの ぐるんぱ」という表現がある冒頭。ぐるんぱを社会に出すために、ほかの象たちがぐるんぱの身体をきれいにする場面がある。
 「おおきくなったのに いつも ぶらぶらして」いて、体が「くさい」ぐるんぱ。だが、彼を社会に出そうと身体をきれいにする他の象たち。
 くさいということで嫌われてはいるが、身体をきれいにする他の象の存在に囲まれているぐるんぱは、本当に「ひとりぼっち」なのだろうか?
 その箇所については個人的には、ワーキングプアや非正規雇用のことを思い描きながら読んだ。 
 多くの読者に支持され続けている絵本である。
 
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -