ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1990『絵本 ジャングル大帝』○

 『絵本 ジャングル大帝』
著者名:手塚治虫 出版社:樹立社 文責 美術 木村顕彦

 本書は絵本である。
 裏表紙には「小学校低学年向き」とある。
 著者・手塚治虫(1928-1989)は、日本を代表する漫画家。
 『ジャングル大帝』という作品は、元々はマンガ、そして、日本のテレビアニメーションとして初のカラー作品として有名だ。
 さて、そんな『ジャングル大帝』の絵本版である本書は2014年刊行。つまり、手塚死後の出版物である。
 本書出版の経緯その他については、本書監修者である森晴路(手塚プロダクション資料室長)による「監修者からひとこと」と題された、次の言葉に詳しい。以下、引用紹介。
 「この絵本は、冨田勲のLP『交響詩ジャングル大帝』の、レコードジャケット内のイラストをもとに製作されました。『交響曲ジャングル大帝』は、(略)『ジャングル大帝 第1話 行けパンジャの子』の音楽を、レコード化したものです。(略)手塚治虫は、その第1話を、絵本のように描き下ろしたわけです。それゆえ、今回初めて単行本になった“幻の絵本”なのです。」
 ちなみに、文中にある冨田勲とは、シンセサイザー音楽の第一人者であり、近年では初音ミクによるプロジェクトも手掛けるなど、年齢を感じさせない活躍を続けている音楽家。アニメ『ジャングル大帝』の、あの印象的なオープニングテーマ(知らない方もおられるだろうが)を手掛けたのは若き日の冨田だった。冨田に音楽を依頼した、手塚の先見性には改めて驚かされる。
 前述の「LP」を持っている者しか読むことができなかった「幻の絵本」が、本書のようなかたちで出版されたということは嬉しい。
 内容的には、マンガ版ならびにアニメーション版のオープニング部分である。しかしながら、本書の特徴は、手塚直筆のカラーイラストということ。・・・今さらながら、手塚の画力、そして色彩感覚を前に、溜め息が出てしまう。
 本書のラストは、主人公「レオ」がアフリカに向かう場面。その続きが気になる方は(子どもでも大人でも)、ぜひマンガ版で続きを確認していただきたい。
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -