ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○1996『賢治草紙』○

 『賢治草紙』
著者名:宮澤賢治(作)小林敏也(画) 出版社:パロル舎
文責 美術 木村顕彦

 宮澤賢治(1896-1933)。
 彼の著作は、様々な装丁、バージョンによってあまた出版されている。
 内容がよくまとまっていて、かつ美しい装丁のもの。
 いずれか一冊を誰かに薦めるとするならば、私は本書を挙げる。
 装丁は、腰の弱い紙を使用したハードカバー。
 「注文の多い料理店」や「セロ弾きのゴーシュ」、「銀河鉄道の夜」「雨ニモマケズ」など、代表作が収録されており、何より特徴的なのは、小林敏也(1947-)による美しい挿画の数々だ。
 本書巻頭には、次のような文章がある。
 「1979年から、小社(木村註・パロル舎のこと)より【画本宮澤賢治】として刊行されております第一期十冊の絵本の原画をもとに、画家(木村註・小林敏也のこと)自身により再構成しました。(改行)なお本文表記は『校本宮澤賢治全集』(筑摩書房)による。」
 小林の挿画は、スクラッチボード技法や木版など、多岐にわたる。一部は多色が用いられ、どんな技法によるものも賢治の作品世界に見事にマッチしている。
 先に引用した「本文表記は『校本宮澤賢治全集』(筑摩書房)による」というのも嬉しい。 
 それが最も特徴的にあらわれているのは、「雨ニモマケズ」の最後の文章。
 本書では、かの有名な「・・・ワタシハ ナリタイ」だけではなく、その次の行からしっかりと「南無無辺行菩薩」で始まる7行分の経文が記されているのである。
 「雨ニモマケズ」は、元々、手帳に記された文章である。
 その手帳に、「・・・ワタシハナリタイ」のあとに、その経文が記されているのだが、多くはその7行を、「雨ニモマケズ」とは別のものとしてカットされている著作が多い中で、しっかりと経文を記載している本書の存在は貴重だ。
 (実は、私は個人的に2015年夏、教員免許更新講習において文学の講座を受講した際に、その経文についての話を聞いたのだった。)
 小林敏也画本ならびに賢治全集からの、ベスト中のベストと言える一冊。
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -