ToO Gijuku Topics(東奥義塾)
東奥義塾高等学校 公式ブログ

○2013『TOKYOオリンピック物語』○

『TOKYOオリンピック物語』
著者名:野地秩嘉 出版社:小学館 文責 美術 木村顕彦

 本書は、1964年開催の東京オリンピックについて書かれたノンフィクション作品である。
 全7章で構成。
 まず、まえがきには本書について次のような記述がある。
「(略)大会で活躍し、記憶に残る選手たちは数多くいる。だが、私が取り上げたかったのはそうしたオリンピック競技の選手ではない。また、東海道新幹線、首都高速、東京モノレールといった大会のためのインフラを整備した人たちでもない。(改行)これまで、取り上げられることのなかった、大会を裏で支えた人たちなのだ。(以下略)」
 「裏で支えた人たち」とはいうものの、東京オリンピックのシンボルマークをデザインした亀倉雄策(1915~1997)、選手村食堂の責任者を務めた村上信夫(1921~2005)、そして、記録映画『東京オリンピック』を監督した市川崑(1915~2008)など、著名人も多数登場する。そんな有名な彼らでさえ、十分とは言えない報酬で東京オリンピックのプロジェクトに関わっていたという事実についても本書は伝えている。
 第1章「赤い太陽のポスター」、第5章「記録映画『東京オリンピック』」、第6章「ピクトグラム」は、美術やデザインに興味のある方に。
 第2章「勝者を速報せよ」はシステムエンジニアたちに。
 第3章「1万人の腹を満たせ」は、料理に興味のある方や経営者に。
 第4章「民間警備の誕生」は、ベンチャー企業に興味のある方たちに。
 そして第7章「宴の遺産」は、1964年の東京オリンピックを総括した上で、これからの日本を生きていくすべての人々(それは、2020年の東京オリンピックを視野に入れることはもちろんのこと、もっと先の日本の姿を踏まえたビジョンとして)に読んでいただきたい。
 「あとがき」によると、本書は「取材を始めたのは1995年のこと。完成して、出版するまでに15年もかかってしまった。」とある。大変な労作だ。聞き書きインタビューの最中に、亡くなってしまった関係者が多いだろうことは想像できる。取材が間に合ったということを感じる。
最新記事
学校所在地
036-8124               青森県弘前市石川長者森61-1  東奥義塾高等学校 TEL:0172-92-4111 FAX:0172-92-4116

東奥義塾

Author:東奥義塾

AKB48の渡辺麻友の3rdシングル特典DVDに本校制服が!!

この公式ブログが「あおもりICTコンテスト2010(学校Webサイト部門)」で「最優秀賞」!!

東奥義塾個人情報保護方針→こちら

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -